最新ランキングをチェックしよう

【書評】戦後文学史に残る伝説的なカップルの新しい視点

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2016/11/30

【書評】『狂うひと 「死の棘」の妻・島尾ミホ』梯久美子 著/新潮社/3000円+税
【評者】川本三郎(評論家)
「そのとき私は、けものになりました」。二〇〇六年、著者が島尾敏雄の妻ミホにインタビューした時、ミホはそう言ったという。冒頭のこの言葉が重い。「そのとき」とは、結婚して八年目、ミホが、新進作家として世に出た夫の日記を読んだとき。そこには他の女性との関係が書かれていた。それを読んでミホは精神

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「彼女はもう一般人だぞ」 文春くんの「元・乃木坂46 橋本奈々未を“私物化”」記事ツイートに批判殺到
工藤静香の“パパ似”長女 入学2週間で名門高校のアイドルに
松潤“裏切りの4年恋人”AV女優の葵つかさを直撃
過剰人気・ブルゾンちえみの“悲惨な末路”を関係者が危惧「アノ女芸人の二の舞に...」
坂上忍 生放送中にスタジオ出て戻らず 安藤優子「職場放棄?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加