森保監督 ベネズエラ戦は「基本的にはキルギス戦を戦った選手たちを軸に考えていきたい」

森保監督 ベネズエラ戦は「基本的にはキルギス戦を戦った選手たちを軸に考えていきたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/11/19

サッカー日本代表は19日、国際親善試合のベネズエラ戦(吹田)に挑む。18日に試合前日会見が行われ、森保一監督(51)が出席した。A代表は14日に敵地でW杯アジア2次予選キルギス戦を戦った後に帰国。ベネズエラ戦に向け、新たに初招集のFWオナイウ阿道(24=大分)などがチームに加わった。

No image

<日本代表前日練習>会見で意気込みを語る森保監督(撮影・椎名 航)

新戦力を含めた起用について、指揮官は「基本的にはキルギス戦を戦った選手たちを軸に明日のメンバーを考えていきたい。しかしながら(キルギス―日本間の)長距離移動でかなり疲労も蓄積された中での戦いになる。選手のコンディションを練習で見て明日のメンバーの選考につなげたい」と話した。

また、システムについても説明。これまでのA代表は4バックを軸に活動してきたが、今回のメンバーの中には3バックに馴染んでいる顔ぶれも多い。「基本的には4バックのシステムをスタートでは使いながら、試合の途中でどうしていくか考えたい」と、状況によっては試合中に3バックに変化させるプランも考えていることを示唆した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リーグ戦全試合出場で優勝に貢献...畠中槙之輔が最も成長を感じたのは?
日本1次L3勝目、川嶋初先発で奮闘 ゴールボール
石川佳純 18歳以来の黒髪で原点回帰 五輪切符争いへ「まずは決勝」
3060分“フルタイム”でV支えた横浜FM畠中「辛抱強く使ってくれた」
ザッケローニ元監督、“J1優勝決定戦”の会場に出没 稀少写真に元日本代表MFも反応
  • このエントリーをはてなブックマークに追加