11月の新車販売7.4%増 新車効果で3カ月ぶりプラス

  • 産経ニュース
  • 更新日:2016/12/01

11月の国内新車販売台数は前年同月比7.4%増の41万7602台となり、3カ月ぶりに増加した。軽自動車は低迷したが、軽以外の普通車が新車効果で2ケタの伸びを記録して全体を押し上げた。

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1日発表した。

普通車は13.9%増の27万3042台となり、消費税増税前の平成26年3月以来、2年8カ月ぶりに2ケタの伸びとなった。トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」が好調を維持していることに加え、日産自動車の小型車「ノート」、ホンダのミニバン「フリード」の新型車が大幅に販売を増やした。

一方、軽は3.0%減の14万4560台となり、23カ月連続のマイナス。消費税増税や、昨年4月の軽自動車税増税の影響が長引き、ホンダや三菱自動車、トヨタを除く全社が減少している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
業種・職種別「平均年収&生涯賃金」ランキング、各1位は?
トヨタ、燃費20%改善の新エンジン 来年投入へ
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
ユニクロに1年潜入取材してみた!
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
  • このエントリーをはてなブックマークに追加