市営住宅に猫53匹放置 元借り主に1千万円請求 神戸市

市営住宅に猫53匹放置 元借り主に1千万円請求 神戸市

  • sippo
  • 更新日:2017/11/13
No image

神戸市東灘区の市営住宅の一室に猫53匹が放置されていた問題で、市は8日、借り主だった40代の女性=4月に強制退去処分=に対し、部屋の修繕や消毒などの費用約1千万円の請求に関する文書を送付した。

市によると、3DK(約60平方メートル)の部屋の消毒や消臭、畳の撤去などに約260万円、新しい壁や床などを取り付けて部屋を元の状態に戻す費用に約670万円かかる。猫の糞尿(ふんにょう)は2トントラック1台分あり、消臭に1年程度かかるという。市の担当者は「再三の指導に従わないという悪質性もあり、全額を女性に請求する方針」としている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国道で“あおり運転”のトラック 停車で飲酒が発覚
「邪魔だ!」突然キレる暴走オヤジ 小学生の腹を殴打 杉並区
イタリア 大物マフィア死亡「ボス中のボス」
娘が友人に睡眠薬を飲ませて、父親が強姦殺人! 韓国“奥歯パパ”父娘の「悪魔の所業」
【報ステ】埼玉・住宅で小6女の子が死亡 自殺か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加