「曽ヶ端選手はいましたが...」 PK沈めた阿部の視線の先に映っていた“光景”

「曽ヶ端選手はいましたが...」 PK沈めた阿部の視線の先に映っていた“光景”

  • ゲキサカ
  • 更新日:2016/11/30
No image

[11.29 チャンピオンシップ決勝第1戦 鹿島0-1浦和 カシマ]

勝利に導いたのは主将の一蹴りだった――。前半からともに球際で激しい争いを繰り返し、好機を創出できないまま試合は進んでいく。前半44分にはFW武藤雄樹、後半6分にはMF遠藤康が決定機を迎えたものの、GK曽ヶ端準、GK西川周作と両守護神が立ちはだかり、スコアはなかなか動かない。しかし後半11分、FW興梠慎三がPA内でDF西大伍のファウルを誘ってPKを獲得。ボールにはキャプテンマークを巻くMF阿部勇樹が向かった。

プレッシャーの掛かる場面だが、阿部は「楽しんで蹴ろうと思っていた。硬くなって蹴ったら後悔すると思った」と気持ちを整える。眼前には曽ヶ端が待ち受けていたものの、その後ろ、ゴール裏には大勢の浦和サポーターが声援を贈っていた。「曽ヶ端選手はいましたが、その後ろの大勢の壁を見たらね。リラックスして蹴れました」。声援を贈るファン・サポーターからの後押しを受けた阿部が右足から蹴り出されたボールはネットをきっちりと揺らし、チームに貴重な先制点をもたらした。

「最初の1点がどちらに入るかというのが非常に重要な試合だった。決めなければいけないPKだったし、自信を持って蹴れたので入って良かった」

終盤には鹿島の反撃に遭いながらも、体を張った守備でしのぎ切り、1-0の完封勝利。ホームで行われる第2戦に向けて大きなアドバンテージを手に入れたが、「まだ1試合終わっただけ。何も決まっていない」と気を緩めることなどない。

「もう1戦、埼玉スタジアムである。もちろん今日の試合を勝てたのは良かったと思うけど、次の試合に勝った方が優勝だと思っていた方がいいと思う。自分たちが怖がらずに1年戦ってきたことを出せるかが重要。いつもどおり、最後まで全力で戦いたい」

06年以来、10年ぶりのリーグ制覇まで、残るは1試合。気を引き締め直したキャプテンは、自分たちが1年間やってきたサッカーを貫いてホームで勝利を飾り、リーグ制覇を決めたいと決意を表した。

(取材・文 折戸岳彦)

●2016 Jリーグチャンピオンシップ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鹿島石井監督「決勝までいきたい」クラブW杯へ意気
史上初シーズン3度目の受賞! 清水FW鄭大世が11月のJ2月間MVPに輝く
J1昇格のC大阪、玉田退団を発表「J1で一緒に戦えないのは残念」
鹿島小笠原「喜んでいる暇ない」クラブW杯へ照準
C大阪、34歳GK北野貴之との契約満了を発表「感謝の気持ちでいっぱい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加