【キャサリン妃コーデ】最近ワードローブに増えているのは、上品で華やかな「プラム色」

【キャサリン妃コーデ】最近ワードローブに増えているのは、上品で華やかな「プラム色」

  • mi-mollet(ミモレ)
  • 更新日:2022/11/25

11月22日、キャサリン妃はウィリアム皇太子とともに、訪英された南アフリカ大統領をお出迎えになりました。海外からの要人を迎えるのは、チャールズ国王が即位されて以来始めてのこと。そして国王を支えるべく、代理として大統領を最初にもてなすのが、皇太子となられたウィリアム皇太子とキャサリン妃ご夫妻のお役目です。

そんな重要な外交の場で、キャサリン妃が選ばれたのが、プラム色で統一されたファッション。ノーブルでとても品格漂う装いは、まさに皇太子妃にふさわしいものでした。同時に、この色といえば最近キャサリン妃のワードローブの中で増えている色でもあります。

パープルとワインが合わさったようななんともいえない上品でこっくりした色は、秋冬にぴったりなカラーです。また、我が国の着物にもあるような絶妙カラーということで、私達日本人にも馴染む色なはず。

ここ数年を中心に、キャサリン妃がお持ちのプラムカラーアイテムを、全てご紹介します。
様々なアイテムでこの色をしっかり押さえられていて、まさにキャサリン妃のトレンドカラーと言えるでしょう。

プラム色アイテム① ドレスコート:エミリア・ウィックステッド

No image

2022年11月22日、南アフリカの大統領をお出迎えに。 ドレスコート/エミリア・ウィックステッド 帽子/不明 パールのイヤリング(ダイアナ元妃所有のもの)/コリングウッド クラッチ/マルベリー 靴/ジャンヴィト・ロッシ 写真:ロイター/アフロ

こちらが最新のキャサリン妃ファッション。テーラードに太めプリーツがクラシックなミディ丈のドレスコートは、鉄板ブランドのエミリア・ウィックステッドのものです。上半身が似たデザインでスカート部分がフレアーになったものを、色違いでお持ちですが、プリーツスカートは今回初めてで、新鮮です。

ビルボックス型のお帽子をあわせ、全身できっちり感のあるコンサバティブな着こなしをされています。しかし、このプラム色を軸にして、クラッチやパンプスをボルドーと似た系統でなじませ、全身をワントーンでまとめられていることで、とても洗練され、スタイリッシュな印象に。
色にパープル味が加わると、一気にロイヤル感が増し、格が上がるようにも見えますね。

プラム色アイテム② パンツスーツ:エミリア・ウィックステッド

No image

2021年9月29日、北アイルランドを訪問。 パンツスーツ/エミリア・ウィックステッド ゴールドのフープピアス/Liv Thurlwell 写真:代表撮影/ロイター/アフロ

お次はパンツスーツ。昨年デビューして注目を集めた、これもエミリア・ウィックステッドのものです。ややパープル味が強いプラム色ですが、インナーや小物など全てネイビーと合わされていることで、やはり品格のある着こなしになっています。

他にもグレーなどのベーシックカラーとも相性が良く、単品で着回すことも出来るので、一つあると便利でセンスアップするアイテム、色です。

プラム色アイテム③ セットアップ:オスカー・デ・ラ・レンタ

No image

2019年11月15日、ノーフォーク州の小児ホスピスを訪問。 セットアップ/オスカー・デ・ラ・レンタ クラッチ/アスピナル・オブ・ロンドン 写真:PA Images/アフロ

パンツスーツと似た色の、今度はセットアップです。
ウールでツイードのような素材感なので、より落ち着きのある雰囲気にも見えます。小さな襟に、ペプラムのジャケットと、タックを取りふんわりさせたスカートなど、フェミニンで甘さのあるデザインが、ここまでの二つとは異なります。そのため、これも単品でコーディネートをした場合にバリエーションが効きますね。

色の系統は同じでも、素材やニュアンスが異なるものを選ばれているところが、さすが着回し上手のキャサリン妃です。

プラム色アイテム④ ニットトップス:ウェアハウス

No image

2019年10月9日、ロンドン、自然史博物館を訪問。 ニット/ウェアハウス パンツ/ジグソー ピアス/アスプレイ・ロンドン バッグ/シャネル 靴/トッズ 写真:ロイター/アフロ

3年前のスタイルでは、プラム色のニットもお召しになっていました。
レーシーで透け感のあるデザインのクルーネックのニットは、秋から冬にかけてまさにぴったりな色。黒、ネイビー、グレーといった定番カラーはもちろんですが、キャサリン妃のように、カーキなどとも相性○。

また注目は、ここでも最新スタイル同様、シャネルのハンドバッグやトッズの靴など、小物はボルドー系でコーデ。系統が同じなので、しっくり馴染んでいます。

プラム色アイテム⑤ ワンピース:ゴート(現:ジェーン)

No image

2017年11月8日、ロンドンで行われた慈善団体のフォーラムに出席。 ワンピース/ゴート(現:ジェーン) ピアス/マッピン&ウェッブ クラッチ/マルベリー 時計/カルティエ 写真:ROTA/Camera Press/アフロ

こちらは、5年前のキャサリン妃ですが、愛用ブランド、ゴートのワンピースをお召しになっています。スタンドカラーにメタルボタンがアクセントになった、シフトドレスは、やや赤みの強いプラムカラーです。キャサリン妃の秋冬定番カラー、ボルドーにも近しいため、クリスマスを含め、幅広いシーンで活躍する色です。

私も同じものを持っているので実感ですが、薄手ウールクレープ素材なので、厚ぼったくも寒々しくもなく、一枚はもちろん、コートのインナーにも収まりが良いので便利な1着です。また、この時キャサリン妃は妊娠中でしたが、シフトドレスのようにウエストが絞られず、Aラインを選ぶと、お腹も楽チンでお洒落に見えるという一石二鳥のワンピースです。

プラム色アイテム⑥ ワンピース:ドルチェ&ガッバーナ

No image

2015年10月21日、ロンドン、ランカスターハウスにて行われた、英国&中国コラボレーションのエキシビションをご覧に。 レースのワンピース/ドルチェ&ガッバーナ クラッチ/マルベリー 靴/ジャンヴィト・ロッシ 写真:Shutterstock/アフロ

もう一着、キャサリン妃が大好きなプラム色のワンピースがあります。それもレース。シンプルなソフトコンシャスのシルエットで、上質なレースと計算されたさりげない透け感で大人のセクシーさも感じられます。

パーティーや結婚式はもちろん、ジャケットを羽織ればオフィス対応も可能。派手すぎず地味にも見えないこんなプラムカラーなら、活躍の場が広く、年齢幅も広く似合う色でしょう。

この時にも最新ファッションと同じクラッチ、パンプスを合わされ、プラム+ボルドーのカラーコーデをされています。

​プラム色アイテム⑦ コート:ドルチェ&ガッバーナ

No image

2018年2月2日、ノルウェーを公式訪問。 コート/ドルチェ&ガッバーナ クラッチ/マルベリー グローブ/コーネリア・ジェームズ 靴/トッズ 写真:Vantage News/アフロ

最後はこちら。まさにこれからの季節にマストなコートです。襟付き、ダブルブレストで膝下丈といえば、昔からキャサリン妃がお好きなデザイン。一枚で前を閉めれば、ドレスコートのように簡単コーデになり、開けて着れば、マニッシュでイメージを変えることも可能です。

この時には、ベーシックに黒のクラッチ、タイツ、靴で合わされていますが、今ならボルドーでアクセントにされるかもしれませんね。

今年はフーシャピンクがトレンドカラーの一つですが、ピンクよりも落ち着きがありコーデの幅も広い、キャサリン妃がお好きなプラムカラー、オススメです。

構成/高橋香奈子

No image

前回記事「「ドレスが被っちゃった!」キャサリン妃VS従姉妹ベアトリス王女のスタイル対決」はこちら>>

にしぐち 瑞穂

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加