田中亜土夢が決勝弾 HJKヘルシンキ首位浮上

田中亜土夢が決勝弾 HJKヘルシンキ首位浮上

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

MF田中亜土夢(19年4月撮影)

<フィンランドリーグ:セイナヨキ1-2HJKヘルシンキ>◇15日◇セイナヨキ

3季ぶりにHJKヘルシンキに復帰したMF田中亜土夢(33)が決勝点を決めるなど全得点に絡み、アウェーでの勝利に貢献した。チームは2連勝でKuPSクオピオと勝ち点41で並び、得失点差で首位に浮上した。

田中は前半18分、右サイドを駆け上がってペナルティーエリア右でパスを受けると、相手DFを背にキープして後方へ落とし、FWローペリスキの先制点をアシスト。同点に追いつかれた後の後半25分にはCKからの2次攻撃でペナルティーエリア左でパスを受け、角度のないところから鮮やかに右足シュートでファーのネットを揺らして今季4得点目をマークして決勝点を奪った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加