岩崎復帰戦、ビハインド登板で0封「どんな場面や状況でも投げていくしかない」

岩崎復帰戦、ビハインド登板で0封「どんな場面や状況でも投げていくしかない」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2021/09/15
No image

◆ソフトバンク4-5ロッテ(15日、ペイペイドーム)

右肘の張りで戦列を離れていたソフトバンク岩崎が、25日ぶりとなった1軍マウンドで1回を1安打無失点に抑えた。

1点ビハインドの8回に登板。先頭の藤岡を152キロの直球で左飛に打ち取り、続く田村はナックルカーブで中飛に仕留めた。2死から荻野に左前打を許したが、最後は代打小窪をスライダーで二ゴロ。「自分の調子、状態は関係なくどんな場面や状況でも投げていくしかない」。復帰したモイネロ、守護神の森とともに奇跡を信じて腕を振り続ける覚悟だ。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加