生ダラ、塩タラ、銀ダラ...「タラ」じゃないのはどれ?【市場で旬みっけ!】

生ダラ、塩タラ、銀ダラ...「タラ」じゃないのはどれ?【市場で旬みっけ!】

  • TUFテレビユー福島
  • 更新日:2022/11/29

旬な魚や野菜、花などを市場の担当者に紹介してもらう「市場で旬みっけ!」
今回は冬の魚「タラ」です。

【写真を見る】生ダラ、塩タラ、銀ダラ…「タラ」じゃないのはどれ?【市場で旬みっけ!】

はずせない冬の食材、タラは、10月~3月ごろに獲れる魚で、今がまさに旬です。

松井綾乃アナウンサー「朝のセリが終わった市場です。よろしくお願い致します!」

鮮魚担当の雉子波(きじなみ)勇人さんです。

松井アナ「こちらがきょうのお魚!立派ですね」

主に北海道や青森などで水揚げされるタラ。今年は卸売価格が1キロ1000円ほどと、例年よりも少し高いということですが・・・

Q.質はどうですか?
福島丸公・雉子波勇人さん「去年よりもよいと思います。食べ応えがあるというか、身がぷりぷりしている」

一般的には切り身で買うことがほとんどだと思いますが、どんなものを選べば良いのでしょうか?

雉子波さん「色がきれいで澄んでいるもの。時間が経っていますので、ドリップ、汁が出ていないものを選んでいただけるとよいと思います」

松井アナ「ここで、問題です!スーパーのお魚コーナーに行くと、生ダラ、塩タラ、銀ダラ・・・とあると思いますが、この中の1つはタラではありません。どれでしょうか?」

生ダラ、塩タラ、銀ダラのうち「タラ」じゃないものはどれでしょう!?

答えは・・・

雉子波さん「銀ダラです。銀ダラはスズキの仲間で、深海魚」

Q味は?
「味はタラはさっぱりしているんですけど、銀ダラはどちらかというと脂身がありますね」

銀色に光る姿がタラに似ているから「銀ダラ」になったといわれているそうです。

ちなみに、生ダラも塩タラも下処理方法が違うだけで、真ダラのことです。

ということで試食です!

松井アナ「タラというと鍋をイメージしますが、その他はどんな料理がありますか?」
雉子波さん「バターとの相性がよいので、ホイル焼きとかよいと思います」

調理は簡単。
余分な水分を出すため、タラはまんべんなく塩をしておきましょう。

アルミホイルに玉ねぎを敷き詰め、そこにどーんとタラを。
さらに野菜やキノコ、バターを乗せたら・・・アルミホイルを包みます。

フライパンにフタをして10分ほど加熱したら・・・完成です!

松井アナ「身がぷりぷり!バターとの相性もよくて、レモンとかかけてもおいしいかも」

みなさんもこの冬、タラを❝タラフク❞食べてみませんか?

※たらふく・・・「鱈腹」は当て字で、鱈(タラ)のお腹が膨れていることから、この漢字が使われるようになったそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加