戸塚無料塾 子どもの学習支援に貢献 設立5年 運営が充実化〈横浜市戸塚区〉

戸塚無料塾 子どもの学習支援に貢献 設立5年 運営が充実化〈横浜市戸塚区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/06/23

小学生や中学生を主な対象とする「戸塚無料塾」が設立5周年を迎える。会費は月1000円。元教師、社会人、大学生のほか、近年では高校生も指導に回る独自のスタイルで、地域の子どもたちの学習支援に力を入れている。

「当塾は進学塾ではないが立ち上げから5年が経過し、『成績上がりました』や『漢字テスト100点が取れた』の声が上がるようになって来た。とても嬉しい」。こう語るのは、高橋信雄運営委員会会長だ。

戸塚無料塾は2017年11月、元高校教師の高橋会長や事務局長を務める三木敏一さんらが、全国的に「こども食堂」開設の機運などが広がるなか、「あらゆる家庭の子どもが通いやすい学習塾を戸塚に作りたい」という思いから設立。翌年、戸塚区社会福祉協議会の登録団体となり、同協議会がある「フレンズ戸塚」の会議室に拠点を設置し、助成金を活用しながら運営を続けている。

現在、主に区内の小中学生約20人ほどが通塾。各自が学校の教科書を持参し、学びたいことに取り組み、分からないところを指導者に聞くスタイルが基本だ。指導者の年齢は幅広い。上は80代から下は20代の大学生、最近では高校生も加入する。受け取る謝礼金は数百円から千円程度。ほぼボランテイアとして子どもたちと向き合う。

三木事務局長は「定年退職後の地域貢献の一環、精神的にバランスを崩した人が社会復帰の一歩としてなど、この塾で生きがいを見つけている指導者もいる」と話す。東戸塚小学校5年生の三輪のぞみさんは「年齢が近い先生もいて、話しやすくて、わからない所もすぐ教えてもらえるのが良い」と笑顔を見せる。高橋会長は「アットホームな雰囲気が特徴。安心できる場所として子どもや保護者に活用してもらえれば」と語る。

生徒を募集中

同塾では生徒を募集中だ。毎週、月曜日の午後4時半から8時まで(都合の良い時間帯で参加)。会費は月千円だが、同一世帯2人目からは1人につき500円(経済状況により免除制度有)。問い合わせは三木事務局長【携帯電話】090・3141・6011。

No image

授業の様子

タウンニュース戸塚区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加