伊勢谷友介“交際相手にエアガン”報道が物議! イケメン俳優、K-POPアイドル...etc.DV疑惑が浮上した有名人たち

伊勢谷友介“交際相手にエアガン”報道が物議! イケメン俳優、K-POPアイドル...etc.DV疑惑が浮上した有名人たち

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/09/15
No image

大麻所持で逮捕された俳優の伊勢谷友介だが、ここにきて過去のDV疑惑が取り沙汰されている。

「スポーツニッポン」では、「DV被害を受けていた女性は少なくとも2人」と報じ、そのうちの1人はエアガンで撃たれるなどの壮絶な暴力行為を受けていたのだという。また、「女性自身」(9月29日10月6日合併号/光文社)は、美脚に定評のある38歳の女優・Bが伊勢谷と交際中にDVを受けていたと報道。次々とDV加害疑惑が溢れ出しているようだ。

有名人のDV疑惑報道は過去に幾度もあった。最近では、5月にタレントのボビー・オロゴンが妻に対して暴行をはたらいたとして現行犯逮捕される事件が記憶に新しいだろう。

「DV疑惑が取り沙汰される有名人はたまにいますが、現行犯逮捕というケースは珍しく業界内でもかなり話題になりました。ボビーはすでに釈放されていますが、暴力沙汰で逮捕というのはイメージが悪すぎて仕事復帰は当面難しいでしょう。伊勢谷の件も大麻所持に関しては、ある意味『さもありなん』という感じで実はそんなにイメージダウンにならない気がしているんですが、DVとなると話は別。とにかく、女性ファンの心象が悪くなりますからね」(中堅芸能事務所スタッフ)

さらに、お隣韓国では日本でも人気を誇る韓流スター・キム・ヒョンジュンが、数年にわたり元交際相手と泥沼のDV裁判を繰り広げていた。相手女性の生々しい傷の写真がネット上に流布されるなど、エグい展開を見せていたのだとか。K-POPライターの話。

「ヒョンジュンは、SS501というアイドルグループに所属し、15年前は東方神起と双璧をなすくらい人気でした。その後、ヒョンジュンは俳優として『花より男子』(2009)の花沢類役を演じて、これが大ヒット。日本まで人気が広がりましたが、2014年になって元交際相手に損害賠償請求をされ風向きが変わります。翌年、傷害暴行致傷の疑いでヒョンジュンに損害賠償命令が出て、一度は終幕したかに見えたのですが、今度はヒョンジュンが相手を訴えかえすなどして泥沼化しました」

話を日本に戻すと、実名報道はされていないが、伊勢谷同様の人気俳優にもDV疑惑がささやかれているという。

「まず、離婚危機も噂されている30代の実力派俳優・AにDV疑惑が浮上しています。あまりイメージにないのですが、私生活ではかなり“オラオラ系”で、奥さんにも相当キツく当たっているのではないかと周囲も心配している様子。また、50代のイケメン俳優・Bはすでに離婚しているのですが、その離婚の原因がDV・モラハラだったのではないかと言われています。Bが当時の奥さんにカバンを投げつけたり、無視をしたりしているのを周辺のスタッフが目撃しており、表向きには“円満離婚”と言っていましたが、Bの態度に耐えきれなくなった奥さんが逃げ出したんじゃないかとも」(芸能記者)

DV被害者はうつ病やPTSDを発症するケースも多いという。相手の体だけではなく心にも深い傷が残る卑劣な行為であることを、各々が肝に命じておく必要があるだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加