巨人・原監督「ある種、緊急事態」で打線組み替えも虎新人に初星献上「我慢、我慢」

巨人・原監督「ある種、緊急事態」で打線組み替えも虎新人に初星献上「我慢、我慢」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/08
No image

4回、交代を告げベンチに戻る原監督(中央奥)。左は降板する畠(撮影・神子素慎一)

「阪神7-1巨人」(7日、甲子園球場)

巨人が完敗を喫した。投打の歯車がかみ合わず今季初の2連敗。原辰徳監督は「まあ、やっぱりなかなか主導権、握れないからね。展開としては良くないね。我慢、我慢」とチームを鼓舞するように語った。

丸、ウィーラーら複数の主力が新型コロナウイルスの陽性判定を受けて離脱し、危機的な状況を迎えていた。「今はある種、チームとしては緊急事態でしょ。やっぱり動く必要はあるでしょうね。このメンバーで戦うしかない」と打線を組み替えた。

梶谷を今季初めて2番に起用し、広岡を1番に入れて臨んだ。だが“初物”の阪神ドラフト2位・伊藤将(JR東日本)に苦戦。7回を1得点と好投され、左腕にプロ初勝利を献上した。

今季初の阪神3連戦で負け越しが決まった。貯金はなくなり勝率5割となった。苦しい状況を迎えたが、一丸になって乗り切る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加