「安全には万全を」海保と運輸局が観光船5会社を"安全点検"...流氷観光シーズン前に 羅臼町

「安全には万全を」海保と運輸局が観光船5会社を"安全点検"...流氷観光シーズン前に 羅臼町

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

流氷観光のシーズンを前に、海上保安署と運輸局が道東の羅臼町の観光船で安全点検を行いました。田中 うた乃 記者:「ハッチに海上保安署などの検査員が入っていきました。甲板の下も調べています」羅臼海上保安署と釧路運輸支局は、1月25日から1月26日にかけて羅臼町の観光船会社5社で安全点検を行います。1月25日午後「知床ネイチャークルーズ」で行われた点検では、救命胴衣の装備や衛星電話の通信状態を確認したほかハッチカバーが正常に閉まるかどうか、検査しました。

No image

救命胴衣の装備状況を確認

知床ネイチャークルーズ 長谷川 正人さん:「(KAZU1の)事故は甚大。人ごとでないから(気を)引き締めて安全には万全を」2022年4月に観光船「KAZU1」が沈没した事故では、密閉していないハッチからの海水流入が事故の原因だとされています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加