IMF、ウクライナ追加支援へ 緊急融資制度で13億ドル

IMF、ウクライナ追加支援へ 緊急融資制度で13億ドル

  • ロイター
  • 更新日:2022/09/23

[ワシントン 22日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)はウクライナに追加支援する可能性がある。食料危機の国を対象とした緊急融資制度が理事会で承認されれば、それを利用してウクライナに追加支援する。欧州部門のトップ、アルフレッド・カマー氏が22日、ブルームバーグ主催の会合で明らかにした。

No image

国際通貨基金(IMF)はウクライナに追加支援する可能性がある。食料危機の国を対象とした緊急融資制度が理事会で承認されれば、それを利用してウクライナに追加支援する。写真はIMFのロゴ。ワシントンで2018年9月撮影(2022年 ロイター/Yuri Gripas)

IMFは、ロシアの侵攻開始直後の3月にウクライナに14億ドルの緊急融資を実施した。

カマー氏によると、IMFは、戦争の影響で食料危機が起きている国向けのラピッド・ファイナンシング・インストルメント(RFI)という緊急融資制度を承認する見込み。この制度で13億ドル程度がウクライナに提供される可能性がある。理事会の採決は数週間内に行われる見通しという。事情に詳しい関係者は9月30日に実施される見込みを示した。

カマー氏は、IMFの調査団が10月下旬にウクライナの予算計画と財政・金融政策を調査すると述べた。ウクライナは、中央銀行に財政ファイナンスをさせるのでなく、税収確保に重点を置く必要があると指摘した。

「ウクライナとマクロ安定化の枠組みについて討議している。その枠組みは政策の内部調整、外部からの資金調達ニーズの特定、タイムリーな融資提供という点で役立つことになる」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加