大谷翔平、球速差「30キロ」のカーブで“3球三振”の打者が呆然自失 「翻弄されている...」放送席ただただ驚嘆

大谷翔平、球速差「30キロ」のカーブで“3球三振”の打者が呆然自失 「翻弄されている...」放送席ただただ驚嘆

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/06/23
No image

【MLB】エンゼルス5-0ロイヤルズ(6月22日・日本時間23日/アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・投手」で先発出場。今季12度目の二刀流マウンドで最長の8回、球数も今季最多となる108球を投げ、2度の3者連続三振を含むメジャー自己最多の13奪三振の快投を披露して6勝目(4敗)を挙げた。この試合8つ目の三振を奪った場面では、球速差およそ30キロ、“3球三振”の圧巻投球に放送席が「(打者が)翻弄されていますね」と驚嘆。「えぐすぎ笑」「えっぐw」「大谷だけレベチ」など視聴者が騒然となる一幕があった。

【映像】「3球三振」で呆然と立ち尽くすメレンデス

注目のシーンは4回表、ロイヤルズの攻撃。この回先頭のウィットJr.を落差バツグンの“縦スラ”で空振り三振に仕留めて迎えた4番・メレンデスとの対戦。1回の第1打席では、レフトへのライナーで大谷に軍配が上がっている。

初球、98.8マイル(159キロ)のストレートでインコースをえぐった大谷。続く2球目は、この日冴えわたったスライダーでファウルを打たせてあっとう間に2ストライクと追い込んだ。そして、3球目に投じたのが81.8マイル(約131.6キロ)のカーブ。初球のストレートとの球速差はおよそ30キロ。あまりの投球術、緩急にまったく手が出ずに“3球三振”を喫したメレンデスは呆然自失。しばしその場に立ち尽くした。

3球目のカーブがミットに吸い込まれ、球審がストライクのコールをすると、ABEMAで解説を務めたAKI猪瀬氏は「う~ん」と唸るように一つうなずき「もう翻弄されていますね」とただただ驚嘆した。

ロイヤルズといえば、昨年48本の本塁打を放つなど、大谷と本塁打王を争ったペレス捕手がいる。その“ペレス二世”との呼び声高いメレンデスを完ぺきに封じ込めた大谷の活躍に視聴者からは「えぐすぎ笑」「えっぐw」「大谷だけレベチ」など、驚きと称賛の声が相次いでいた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加