小林親弘◆「蒼井さんの声はどちらかというと中性的で、キレイですよね!」

小林親弘◆「蒼井さんの声はどちらかというと中性的で、キレイですよね!」

  • TVガイド
  • 更新日:2021/04/07
No image

徳川慶喜が絶対権力を持つ“明治64年”の日本を描いたオリジナルアニメ「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD」(日本テレビほか)が絶賛放送中! 今回は、メインキャストの1人である小林親弘にインタビュー取材を敢行した。作品や役柄への思いのほか、前回の「恋するVoice!」に登場した共演者の蒼井翔太の印象とは!?

――まずは、台本を読んで感じた「擾乱~」の印象から教えてください。

「ものすごく面白い設定の時代劇だなと思いました。時代劇というと、『侍や浪人が登場する』『幕末ものなら坂本龍馬が出てくる』といった、ある程度決められた設定の中でどう展開させるかが重要になりますけど、『擾乱~』の場合は時代劇にSFをプラスしているじゃないですか」

――それによって、全く違う世界観になっていますよね。

「そうなんです。なので、すごく珍しいテイストに仕上がっているなと思います。背景にはロープウエーやバスみたいなものも見えますし…」

No image

――そんな本作で、小林さんは葛原仁を演じています。反体制派組織「クチナワ」の駆除を任されている徳川政府の闇組織「鵺」に所属する人物ですが、演じる上でどんなところを意識していますか?

「難しいのですが、徹底的に感情を出さないように気を付けています。話が進んでいくと、行動から葛原の思惑が見えるようになってくるんです。なので、本来感情は声で表現しないといけないものだけれど、彼に関しては伝わらなくてもいいというか…。物語が進むにつれて、“こんな一面があったんだ!”とちゃんと見えてくるはずなので、視聴者の皆さんに伝わったらうれしいですね」

――ちなみに、メインキャストの皆さんを知った時はいかがでしたか?

「お名前が書かれた紙をいただいて共演者の方々を知ったのですが、初めてご一緒する方ばかりなので、純粋にワクワクしました。“どんなアニメになるんだろう”と! コロナ禍なので全員で一斉に録ることはできないのですが、同じシーンが多い方とは、各話掛け合いながら録れていますよ」

――前回の「恋するVoice!」には蒼井翔太さんに登場していただいたので、蒼井さんの第一印象も伺いたいです。

「1話(4月6日放送)の収録は別々だったんですけど、ブースから出てきた蒼井さんにごあいさつする機会があったんです。その時の雰囲気が洗練されていてすごく格好良くて…。しかも、話してみたらすごく愛嬌(あいきょう)があって優しいですし、謙虚な方です」

No image

――実際に掛け合ってみて、どう感じましたか?

「蒼井さんの声はどちらかというと中性的で、キレイですよね! 僕は割と低音なので、うまくハモれたらいいですね。高音と低音で違ったニュアンスが出てくればいいなと思っています」

――秋には、明治座で行われる舞台版にアニメと同じ葛原役で出演されます。小林さんといえば舞台役者としても知られていますが、小林さんから見た明治座はどんな劇場ですか?

「やっぱり憧れはありますよね。何というか…明治座ってハイブランドな感じがするんです。特に、僕は小劇場からやっている人間なので、余計に格式高い場に思えて、『擾乱~』の制作発表会で初めて明治座の舞台に立った時も“立っていいんだ”という不思議な感覚がありました。改めて、“すごいことだな”と思っています」

――声で演じていた役を体を使って演じるというのも、新しい感覚ですよね。

「そうですね。普段はマイクの前に立ってやっていることを、横を向いたり歩いたりしてやるわけですからね。ただ、この作品のアフレコで身に付けている感覚は失わないままで舞台に持っていけたらと思っています」

――アニメの展開もますます楽しみです!

「とにかく、出し惜しみしない展開がこの作品のすごいところ。本来であれば物語の終盤あたりで起こることが、『擾乱~』では序盤から次々に起こっていきます。ぜひ楽しんでください!」

No image

【プロフィール】

小林親弘(こばやし ちかひろ)
1983年9月5日、愛知県生まれ。乙女座。アニメ「ゴールデンカムイ」(2018年、20年)や「BEASTARS」(19年、21年)など数々の話題作に出演。「転生したらスライムだった件 転スラ日記」「NOMAD メガロボクス2」(ともにTOKYO MXほか)に出演中。

【作品情報】

No image

「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD」
4月13日
日本テレビほか
火曜 深夜1:34~2:04
BS日テレ
水曜 深夜0:00~0:30
※Huluでは火曜深夜0:00~各話1週間先行配信

明治64年を舞台にしたオリジナル作品。エネルギー源“龍脈”により独自の発展を遂げた日本は一見華やかに見えるが、裏では反体制派組織クチナワが政権打倒を目論んでいた。闇組織「鵺」の仁(小林)は月城真琴(蒼井)ら処刑人にクチナワを消すよう指令を出すが…?

【プレゼント】

No image

サイン入り生写真を2名様にプレゼント!
応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募期間:2021年4月7日正午~4月14日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」4月16日号(P98)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://honto.jp/cp/netstore/recent/tokyonews-book/01.html

取材・文/松本まゆげ 撮影/須田卓馬

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加