水沼尚輝が挑む「メイクヒストリー」 100Mバタフライ、日本初のメダリストへ...日本新で決勝進出!

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/06/24

◆世界水泳 第6日(23日、ハンガリー・ブダペスト)

男子100メートルバタフライ準決勝が行われ、日本記録保持者の水沼尚輝(新潟医療福祉大職)が50秒81。3月にマークした自身の日本記録を0秒05更新し、全体2位で決勝進出を決めた。

日本勢では5大会ぶりとなるファイナリストに。レース後は「しっかり自己ベストを出して決勝の舞台にすすめることが出来たのは、非常に価値があること」とうなずいた。24日に行われる決勝では、同種目日本初の表彰台に挑む。

水沼は「今大会のモットーでもある、『メイクヒストリー』ということで、日本新記録を出して『日本人でもこういう舞台で戦える』という所を証明できたら」と、力強く意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加