阪神・矢野監督 鉄壁リリーフ陣に「頭が下がる」湯浅を称賛「素晴らしかった」

阪神・矢野監督 鉄壁リリーフ陣に「頭が下がる」湯浅を称賛「素晴らしかった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/07
No image

8回、無失点で切り抜け、笑顔でベンチへ戻る湯浅(撮影・飯室逸平)

「広島2-3阪神」(5日、マツダスタジアム)

阪神が1点差を逃げ切り。リリーフ陣の奮闘が光った。

特に、八回に4番手でマウンドに上がった湯浅がチームを救った。先頭の野間に安打を許して無死から走者を背負う。さらに菊池涼の送りバントに抜群のフィールディングで対応して二塁に送球するも、ベースカバーに入った中野の対応が遅れて無死一、二塁にピンチが拡大した(記録は中野の失策)。

だが、ここから湯浅がギアを上げ、秋山を左飛。マクブルームと坂倉は連続三振に仕留めた。矢野監督も「しっかり踏ん張ってくれたっていうのは、自信になると思うし、今日の勝ちにつながったと思うし。素晴らしかったです」と絶賛した。

先発・西勇の後を無失点でつないだ岩貞、浜地、湯浅、岩崎について「もう頭が下がるというかね。こういう苦しいところで登板していくっていうのが続いてくると、どんな場面いっても、大丈夫っていう自信や成長にはなると思うんで」とうなずいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加