【髙橋大輔選手スペシャルセレクション】世界と日本が連帯した愛に満ちた2011年大会。自身の円熟と、日本の未来・羽生の覚醒を見た2012年大会。

【髙橋大輔選手スペシャルセレクション】世界と日本が連帯した愛に満ちた2011年大会。自身の円熟と、日本の未来・羽生の覚醒を見た2012年大会。

  • J SPORTS
  • 更新日:2020/07/02
No image

昨年末でシングルスケーターとしてのキャリアに別れを告げ、新たにアイスダンサーとしての道を歩み始めた髙橋大輔選手。

そんな髙橋選手のこれまでの偉業にオマージュを捧げ、これからの活躍にエールを贈るため、J SPORTSでは、出場大会を厳選した「ISUフィギュアスケートアーカイブ」と「ISUグランプリファイナルハイライト」をお届けしています。

7月にピックアップするのは2011年と2012年の世界選手権。東日本大震災から1ヶ月後にモスクワで行われた激動の大会と、髙橋選手と羽生結弦選手の同時表彰台が実現した思い出深い大会です!

2011年世界選手権:再び立ち上がる強さを

あの春を忘れない。ロシアが、フィギュアスケート界が、日本への強い連帯を示してくれたあの世界選手権のことを、フィギュアスケートファンとして忘れることなどできるはずがない。

2011年3月11日、東日本に未曾有の大震災が襲いかかった。東京・代々木体育館で予定されていたフィギュアスケート世界選手権開幕の、わずか10日前の悲劇。14日に中止が発表され、24日にはモスクワでの代替開催が決まった。

そして4月27日。迎えたモスクワでのオープニングセレモニー。純白のスケートリンクの真ん中に、真っ赤な日の丸が映し出された。スケーターたちは長い黙祷を捧げ、プーチン首相自らが、日本に向けた応援メッセージを述べた。

さらに会場スクリーンに映し出されたのは、「日本にささげる詩」。われわれがこの地球上で、ひとつの家族であることを忘れないで。こう詩は優しく語りかけた。

日本選手たちにとって、どれほどの励みになっただろう。不安で眠れない日々を過ごし、時にはチャリティーイベントに奔走し、おそらく誰もが心身共に消耗していたはずだ。もちろん出場したすべてのスケーターにとって、決して簡単な戦いではなかった。シーズン最後の決戦に向け、3月末に合わせてきたピークを、さらに1ヶ月維持しなければならなかったのだから。

そのせいだろうか。「集中力を欠いて、ふわふわとしていた」という髙橋大輔は、ショートプログラムで本来の滑りを披露できなかった。ジャンプでは踏切ミスをおかし、得意のステップやスピンでは、ひとつもレベル4の評価を取れなかった。

翌日のフリースケーティングでは、心身「以外」の問題にも突き当たった。スケート靴だ。開催が1ヶ月延期されたせいで、靴交換のタイミングをうまく計れなかった。あれこれ試行錯誤し、新しい靴も試したが、結局は履きなれた古い靴のまま大会に臨んだ。

髙橋がリンク中央に凛々しく立ち、『ブエノスアイレスの冬』の憂いを帯びたノートが流れ出してわずか20秒。冒頭の4回転トーループに向け踏み切った瞬間……左靴に問題が起こる。負荷に耐えきれず、エッジを固定するネジが外れてしまったのだ。

ジャッジに中断を要請し、大急ぎでネジを締め直した。応援の手拍子に乗って演技を再開するも、プログラムに生じた亀裂を、完璧に埋めることなど不可能だった。

ディフェンディングチャンピオンとして乗り込んだ大会で、結果を出せなかった。優勝どころか、表彰台にさえ上がれなかった。それでも「選手はなにが起ころうとも、それに対処し、合わせていかなければならない。言い訳はできない」とまっすぐに語った髙橋。1年前の世界選優勝後には引退も考えたそうだが、この日の失敗が、逆に背中を押した。「ソチまで続ける」、こう力強く宣言した。

金メダルの座についたのは、同シーズンの絶対王者。つまりパトリック・チャンだった。「世界一」のスケーティングの持ち主が、当時としては世界最高難度のジャンプを武装したのだから、どう考えたって無敵だった。

シーズン序盤に初めて4回転トーループを成功させると、さらに4T+3Tのコンビネーションへと進化させた。ここモスクワではSP、FSともに4回転を飛び、いずれも世界歴代最高得点を叩き出した。もちろんトータルでも、それまでの世界歴代最高得点を16点以上も上回る高評価。ついに世界の頂点へと登り詰めたチャンは、翌年の世界選手権まで全勝街道を優雅に突き進むことになる。

1年前はフリーにさえ進めなかった織田信成は、ショートを2位で折り返した。人生初のワールド表彰台目指し、FSで渾身の滑りを見せた織田信成は、演技後には小さくガッツポーズを握る。……ところがジャンプの回数違反が響き、トータル6位に沈んでしまう。

反対にショート6位の小塚崇彦が、人生初の世界選メダルを持ち帰ることになる。冒頭の4回転トーループをきれいに着氷すると、その後もほぼ完璧な演技を披露。なによりチャンにも負けぬ卓越したスケーティングで……しかしチャンが重厚でなめらかなベルベットのドレープなら、小塚はまるで艶のあるシルクの薄衣のような……そんな繊細な滑りで、リストのピアノ協奏曲第1番を気品高く舞い上げた。パーソナルベストを10点以上も更新するハイスコアで、逆転の銀メダルをつかみ取った。

日本男子は3枠をきっちり守りきり、安藤美姫、浅田真央、村上佳菜子が出場した日本女子シングルでは、安藤美姫が魂のこもった演技を見せた。人生2度目の世界選金メダルを手に入れ、日本に明るい話題を届けたのだった。

ちなみにフローラン・アモディオが、当時禁止されていた「ボーカル入り」の曲を使ったことでも同大会は話題になった。あえて違反を犯した理由は、フィギュアスケートに新しい風を吹き入れるため。なにより地震当日、福岡で合宿していたアモディオは……「日本の人々をちょっとでも元気づけてあげたい」という強い思いも抱いていたそうだ!

No image

2012年世界選手権:円熟の髙橋、覚醒した羽生

いつまでも余韻に浸っていたい。残り香を楽しんでいたい。2011/2012シーズンの髙橋大輔が実現したのは、こんな「気持ちのいい」演技だった。

モチベーションを掻き立てるのに少々苦労した前シーズンから、意識を完全に立て直した。一度は世界の頂点に登り詰めたプライドさえ脱ぎ捨て、初心に帰り、スケーティングの基礎を復習した。表現力の幅をさらに広げるために、バレエのレッスンにも通った。

そして人生7度目の世界選手権直前に、26歳の誕生日を迎えた髙橋は、かつての燃えるような闘争心を取り戻していた。フランス・ニースで開催された同大会に向けて、自らを極限にまで追い詰めたとも言われる。

奮起の理由のひとつは、間違いなく、自らと同じく15歳で世界ジュニアを制した羽生結弦の存在。8歳8ヶ月年下の後輩が、「4回転をぽんぽん飛んでくる」積極的な姿勢に、髙橋は大いに刺激を受けた。

未来のチャンピオンの成長スピードのすさまじさに、脅威だって抱いたはずだ。年末の全日本選手権の直前には、羽生の台頭により、世界選への出場権争いがこれまで以上に難しくなるだろうと予言している。そのとおり、ショートを4位で終えた羽生は、この当時からすでに備わっていた勝負強さでフリー1位の好演技を披露。初めて全日本表彰台に立ち、初めての世界選行きを決めた。

大会のたびに、一分一秒毎に成長する。そんな17歳は、世界選手権の間でさえ進化した。いや、むしろ、覚醒と言おうか。ショートを7位で終えた翌日、フリーで演じた『ロミオとジュリエット』こそ、羽生結弦伝説の始まりなのだ。

演技前の恐ろしいほどの気迫には、すでに王者の片鱗がうかがえる。ステップ中の不意の転倒も、その直後の完璧なジャンプも、まるで羽生のドラマチックなキャリアそのもの。さらにはクライマックスの、ステップでの雄叫び……。観客をアドレナリンとエクスタシーの渦に巻き込みつつ、肩で大きく息をしながら、羽生結弦は最後の瞬間まで全身全霊で闘った。そしてカタルシス。ショート前夜に痛めた右足首への不安も、初めての世界選手権という大舞台へのプレッシャーも、すべてきらきらとした汗や涙になって流れさった。

ティーンエージャーの瑞々しい感性がほとばしったアリーナで、髙橋大輔は大人の魅力をたっぷりと振りまいた。『ブルース・フォー・クルック』の気怠いスローテンポに乗った、クールで澁い演技。肩から余計な力が抜けたような、スマートなかっこ良さ。じわりじわりと熱を帯びていくステップに、見る者は思い切り酔いしれる。

髙橋大輔2位、羽生結弦3位。日本フィギュアスケートの歴史に燦然と名を刻む2人の偉大なるスケーターが、世界選手権の表彰台に同時に上った。中央に立つのは1年前と同じパトリック・チャン。GP初戦のカナダ大会ショート3位を除いて、同シーズンここまで全滑走で1位を手にしてきた21歳が、完璧な形でシーズンを締めくくった。

文:J SPORTS 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加