「おとな猫」だけの譲渡会 人気は子猫だけど...飼いやすさアピール

「おとな猫」だけの譲渡会 人気は子猫だけど...飼いやすさアピール

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/06/24
No image

"昨年12月の譲渡会に集められた成猫=2021年12月19日、埼玉県川口市新堀の歓喜院"

成猫だけを集めた譲渡会「おとな猫とのあかい糸」が26日午後1時~同4時、埼玉県川口市新堀の歓喜院で開かれる。比較的もらい手が見つかりやすい子猫ではなく、成猫の居場所も探そうという試みだ。

「猫だけは手放せない」食料尽きて残金60円 飼い主女性の決断は

主催するのは「かわぐちアニマルサポート」。子猫と一緒に譲渡会を開くと、訪れた人の目はどうしても子猫に向きがちだ。そこで成猫だけで開催することにした。団体の代表で県知事から委嘱されたボランティア「彩の国動物愛護指導員」でもある白滝尚子さんは「子猫は体調管理などが難しい。おとな猫の方が性格も落ち着いてきており、飼いやすいです」と話す。

ただ、譲渡会を開いてもなかなか引き取り手は見つからない。昨年12月に開いた1回目の譲渡会では10匹の成猫を会場に連れてきたが、成約はなかったそうだ。

今回の成猫は8匹。引き取りを希望する人と条件を話し合い、成約前に試しに一緒に暮らす「トライアル」期間も設ける。要予約で、獣医師によるしつけや健康相談会もある。30食限定で、和食料理人だった副住職が作る精進カレーも振る舞われる。問い合わせは同サポート(k_animal_s@yahoo.co.jp)へ。(堤恭太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加