NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
内山靖崇 Uchiyama Cup語る

内山靖崇 Uchiyama Cup語る

  • tennis365
  • 更新日:2021/07/22
No image

内山靖崇 : 画像提供 tennis365.net

男子テニスで世界ランク119位の内山靖崇は、2021年9月に自身が主催するUchiyama Cup(北海道/札幌、ハード)についてtennis365.netのインタビューで語ってくれた。

>>錦織ら東京オリンピック対戦表<<

>>錦織vsルブレフ 1ポイント速報<<

Uchiyama Cupは、全日本テニス選手権大会(東京/有明、ハード)、全日本室内テニス選手権大会(京都/島津、室内ハード)に次ぐグレードの国内大会。賞金総額は300万円。本来であれば2020年に開催する予定であったが、新型コロナウイルスの影響により1年延期となった。

内山は「去年は新型コロナウイルスの影響で開催ができなかったが、ITFフューチャーズにして、将来的にはATPチャレンジャーにしたいビジョンがあります。その中で大会運営など自分がやったことのないものを含めて、国内大会としてスタートし、国際大会にステップアップしていきたい構想を描いていました。でもコロナウイルスで日本のプロ選手たちの状況が大きく変わってしまいました」と述べた。

世界中で蔓延する新型コロナウイルスに関しては「日本を含め、アジア圏での国際大会が開催がされていないため、海外を転戦していた日本のプロ選手が選手活動を行うことが難しくなっています。プロが苦しんでいる中、いくらジュニアに対して将来プロを目指して欲しいと思っても、プロが輝ける状況になければ、目指したくても目指すことが難しくなってしまう。そう思った結果、初年度から国際大会での開催を目指そうと準備をしていましたが、国際大会での開催は断念せざるを得ない状況となりました」と内山は話した。

幼い頃にエキシビションマッチを観戦したことでプロへの憧れが生まれたと明かした内山は、地元北海道の札幌平岸庭球場(コート20面)での開催を決意。

「札幌でプロの大会が2015年以降行われておらず、それを観戦する機会がジュニアの選手たちに与えられていない。上達する上でプロの選手のプレーを観る、一緒にプレーすることは大事なこと」

「この大会を通して、地元のジュニア選手にプロの試合を観てほしい。日本のプロ選手にATPポイントを獲得するチャンスを与えたい。この2つをコンセプトとして、来年は国際大会で開催したい」

トーナメントディレクターを務める内山は「自分がジュニアの立場だったら、実際に試合を観た選手のプレーや言葉が響くと思う。そういった大会になるように力を注ぎます。しかし今年も最後までコロナウイルスの状況次第です」と語った。

「日本で大会がたくさんあれば、移動の経費も抑えられ、そのお金をコーチやトレーナーを雇う費用に使える。日本で大会たくさん大会が行われる事は日本テニス界発展のためには必要な土台になると思います」

「1番は資金集め」と大会を作り上げる上で大変だったことを明かした内山は、「新しく新設する大会なので、今はどんな大会なのかあまり知られていないですし、実績がまだないので、企業の方に伝えるのが難しいです」と語った。

「0からのスタートなので、最初は情報集めから。実際に大会を開催したことがある人に色々な話を聞いて、何が必要なのか、どういった準備をしてきているのか、そういう情報をたくさん集めて、少しでも理想に近づければと思いました。自分で営業しに行くこともあるし、サポートスタッフに協力していただくこともある。自分も日本にずっといる立場ではないので、そこは協力してもらいながら作り上げました」

大会開催に際して内山は、重要であるスポンサー探しにも苦労したことも口にした。

「いくつか協賛や協力頂ける企業はあります。それでも厳しいのが現状です。赤字になっても仕方ない。赤字を削って大会の魅力が下がるよりは、赤字が出ても選手やお客さんにとって魅力のある大会を作る方が大切。赤字が出たら自分でなんとかするつもりです」

「テニスの大会は主催者とスポンサーが大会を作って、出来上がった大会に選手が参加する。そして、試合をファンが観に行く、もしくはインターネットやテレビ越しに観戦する形。でも、そこをもっとファン目線で作り上げたい。主催者ありきではなく、ファンの方がこういうのほしい、こういうのがあるとうれしい、この角度から試合が観れたらうれしい、こういうものが会場に売っていたらうれしいなど。そういったものをファンの皆さんと一緒に作っていけたらいいと思い、オンラインサロンを開設しました」

また日本で開催されるテニスの大会は、テニス界の世界トップ100の選手を多く輩出している国であるアメリカ、イタリア、スペイン、フランスの4カ国に比べると圧倒的に少ないと明かした内山。日本では11回の開催だが、この4カ国では40~60近い大会が行われている。

その環境の差についても触れた内山は、「日本での大会はわずか11であり、この4カ国と大きな差がある。さらにヨーロッパは自分の国で大会が無くても陸続きであるため、国外の大会に参加しやすく、車で数時間で行くことも可能です。
圧倒的に不利な面もあります。多くの試合を経験できるヨーロッパの環境では若手に多くのチャンスがあるため、どんどん良い若手が出てくる。将来的には日本もそのようになって欲しい」と明かした。

最後にコロナウイルスの影響でプロでは無観客試合、ジュニアでは試合が開催できないことが続いていることにも触れ、「練習するよりも、多くの試合をした方が、感じることも多い。それは選手たちがコロナ禍でより感じていると思います。いくら練習しても試合がないと自分がどれだけ強くなっているかも、課題も生まれない。だから、とにかく試合をたくさんすることが大切」と苦しい状況を明かした。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加