張本美和 シングルス決勝進出!14歳でのシニア大会2冠へ王手【卓球 WTTチュニス】

張本美和 シングルス決勝進出!14歳でのシニア大会2冠へ王手【卓球 WTTチュニス】

  • テレビ東京卓球NEWS
  • 更新日:2022/08/06
No image

卓球WTTコンテンダーチュニス<8月1日~6日/チュニジア>

本戦3日目の5日、女子シングルス準決勝で張本美和(木下アカデミー/世界ランク66位)が陳思羽(台湾/同32位)をゲームカウント4-1で破り、決勝進出を果たした。

世界ユースのU15部門で4冠を達成し、今大会の1回戦では劉瑋珊(中国)も破るなど、破竹の勢いで勝ち上がる張本。次は準々決勝で石川佳純(全農)を破った、陳思羽に戦いを挑む。

フォア前へのサーブから着実に攻撃を組み立てる張本。打ち合いに強い陳に対して、互角以上のラリーを展開する。

No image

競り合った第1ゲームを13-11で制し、次の2ゲームも逆チキータやカットブロックなどの技術を交えて11-9、11-5で奪う。

第4ゲームは陳のフォア攻めに9-11で屈するも、5ゲーム目はバック側へのサーブを増やし、さらにバックハンドで両サイドを鋭く突いた張本が勝利を決めた。

3種目で勝ち残っており、ハードスケジュールの張本。試合中、何度か転倒するほどに疲れの色が出ていたが、試合後はコーチの父・宇さんのもとに満面の笑顔で駆け寄った。

この後に行われた兄・智和との混合ダブルス決勝では優勝を決めており、次のシングルス決勝で張瑞(中国)を下せば、異例の14歳でのシニア2冠を達成できる。

No image

<WTTコンテンダーチュニス 女子シングルス準決勝>
張本美和 4ー1 陳思羽(台湾)
13-11/11-9/11-5/9-11/14-12

テレビ東京

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加