【NPBアワーズ】本塁打&打点王の西武・山川 会場でヤクルト・村神様に「打席での感覚や待ち方聞いた」

【NPBアワーズ】本塁打&打点王の西武・山川 会場でヤクルト・村神様に「打席での感覚や待ち方聞いた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/11/26

プロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD」が25日、都内で開かれ、西武・山川穂高内野手(31)が授賞式に臨んだ。41本塁打と90打点で自身初のリーグ2冠。「シンプルにうれしいです。ホームランは40本は超えたので良かった。打点は100以上が目標だったのでそこは取りたかった」と語った。

No image

<NPB AWARDS 2022>パ・リーグ最多本塁打賞、最多打点者賞の2冠に輝いた西武・山川穂高(左)は斉藤惇コミッショナーから笑顔でトロフィーを受け取る(撮影・光山 貴大)

この日は会場で、ヤクルト・村上に打席での感覚や構え方を聞いたという。31歳の主砲は「僕の方からラインすることもある。今年特に凄かった選手の話を聞いて、参考になればいいと思う。時間があれば食事も一緒にお願いしたい」と、9歳下の3冠王からも学ぶ貪欲な姿勢を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加