トヨタ紡織グループ1社にサイバー攻撃か 盗まれた情報に取引先データ等含まれる可能性 生産販売に影響なし

トヨタ紡織グループ1社にサイバー攻撃か 盗まれた情報に取引先データ等含まれる可能性 生産販売に影響なし

  • 東海テレビ
  • 更新日:2022/06/23
No image

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

トヨタ紡織グループの子会社で、タイの販売会社がサイバー攻撃を受け、一部のファイルで情報が盗みとられたことがわかりました。

トヨタ紡織によりますと、グループで自動車の内装を手掛ける「TBカワシマ」のタイの販売子会社で、6月16日にサイバー攻撃とみられる不正アクセスが確認されました。

一部のファイルで情報が盗み取られていて、その2日後には「ロックビット」と名乗るハッカー集団による犯行声明がインターネット上に公開されていました。

盗まれた情報には従業員や取引先に関するデータも含まれている可能性があり、詳しい内容や量については調査中としていますが、生産や販売への影響はないとしています。

トヨタ紡織によりますと、タイの捜査当局に被害届を出す準備を進めているということです。

※画像はS&J提供

東海テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加