“回転甲斐キャノン”は「球速えぐ」 ミット撃ち抜く剛球に「これが移動砲台」

“回転甲斐キャノン”は「球速えぐ」 ミット撃ち抜く剛球に「これが移動砲台」

  • フルカウント
  • 更新日:2022/05/14
No image

ソフトバンク・甲斐拓也【画像:パーソル パ・リーグTV】

三塁線で大きくバウンドした打球、素早く反応した甲斐は…

■日本ハム 1ー0 ソフトバンク(13日・札幌ドーム)

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が発動した「変則キャノン」にファンの注目が集まっている。13日に札幌ドームで行われた日本ハム戦。1回転しながら投じたボールの、あまりに強烈すぎる勢いに「球速えぐ」「170出てます」「これが移動砲台か」「球の伸びエグすぎだろ」とコメントが集まった。

5回、2死から中島の打球は三塁線へ高くバウンドするボテボテのゴロ。甲斐はこの打球に猛チャージすると、1回転しながら鋭い送球を一塁へ。肩の強さを存分に生かし、間一髪アウトをもぎ取った。

「パーソル パ・リーグTV」が公式YouTubeに「【変則キャノン】甲斐拓也『パーフェクト捕ゴロ』」と題して動画をアップすると「回転して正確に投げる技術が凄い」「さすがの身のこなし。超一流キャッチャー」「あの体勢から正確に強く投げれるのすごすぎる」と素早く、正確な動きに感心する声が次々と。さらに「想像してた5倍ぐらいえぐい」という賛辞もあった。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加