胡麻の香りが食欲をそそる"鮭の胡麻風味焼き"

胡麻の香りが食欲をそそる"鮭の胡麻風味焼き"

  • dancyu (ダンチュウ)
  • 更新日:2022/01/15

しっかりとした味をつけることで、よりご飯が進む一品になります。しみじみおいしくて、食べてほっとする「定番」の料理を料理研究家の大庭英子さんに教わりました。

No image

■“鮭の胡麻風味焼き”のつくり方

いつもの鮭がガラリと違う味わいに。胡麻で香ばしく焼き上がります。
しっかり下味をつけておくのがポイントです。

(1)鮭をカットする鮭は半分に切る。
(2)下味をつけるボウルに下味用の材料を入れて混ぜ、鮭を入れて全体にからめ、途中上下を返しながら20分ほどおいて下味をつける。
(3)仕上げ鮭の水気を拭き、両面に胡麻をまぶしつけてグリルに並べ、強火で8~10分焼く。

No image

この連載のほかのレシピを見る

教える人

No image

大庭英子 料理研究家

身近な食材を使い、特別な調味料を使うことなくつくるシンプルな料理は、圧倒的においしいと定評がある。和洋中を問わず、多くのカテゴリーのメニューを提案。その斬新なアイデアには目をみはるものがある。

文:中村裕子 写真:原ヒデトシ

この記事は四季dancyu「冬のキッチン」に掲載したものです。

No image

四季dancyu「冬のキッチン」

A4変型 判( 120 頁)
ISBN: 9784833479493
2020年12月10日発売/1000円(税抜き)

この本を購入する

dancyu

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加