【宝塚記念2週前追い】カレンブーケドール 在厩でいい動き、国枝師手応え十分

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/10

天皇賞・春(3着)以来の出走となるカレンブーケドール(牝5=国枝)は坂路で余力たっぷりに4F53秒2をマーク。国枝師は「この中間、在厩調整でいい動きを見せている。前走は少し掛かっていたけど最後まで頑張ってくれた」と好感触。「強い馬が多いが、いい競馬をしてほしい」と語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加