NPBエンタープライズは今年度から3年間赤字予想-オーナー会議

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/21

プロ野球のオーナー会議(宮内義彦議長=オリックス)が21日、オンラインで開かれ、野球日本代表に関する興行を企画運営するNPBエンタープライズから、2020年1~12月は純利益4億2100万円の決算報告とともに、今年度から3年間は赤字予想との報告があった。

赤字予想は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、日本代表が出場する主要な国際大会の開催時期が不透明なため。宮内議長は会議後の会見で「新しいものを作り上げていくのがNPBエンタープライズの仕事。悲観的にはみていない」との見通しを示した。また、今年もコロナ禍による入場者数の制限などで、各球団の減収は避けられない。同議長は選手の参稼報酬について「今のところ、オーナー会議で議論するには至っていない」と語った。

このほか、今月5日の実行委員会で検討された今季のポストシーズンの1週間繰り下げが報告され、了承した。クライマックスシリーズは11月6日、日本シリーズは同20日に開幕し、同30日に開催予定だった年間表彰式「NPBアワーズ」は12月中旬に変更となる見込み。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加