愛犬にエタノールは毒、最悪は死も。獣医師が教える新型コロナ対策

愛犬にエタノールは毒、最悪は死も。獣医師が教える新型コロナ対策

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2020/09/29
No image

犬や猫のペットへの感染事例が確認されている新型コロナウイルス。飼い主自身はもちろんですが、ペットの感染予防にも常に気を配らなくてはなりません。メルマガ『佐藤貴紀のわんにゃんアドバイス』著者で獣医師の佐藤先生が、日々の感染予防のためにできること、効果がありそうな対策を教えてくれます。

新型コロナウイルスからペットを守る方法

ヒトからイヌ・ネコへ感染したと考えられる事例が、海外や日本において数例報告されています。ただし、新型コロナウイルスの動物同士での感染事例は今まで明確にはなっていません(ヒト同士の感染は明確になっています)。

どうしたら、自分の大切なペットたちを守れるのか?現時点では、飼い主さんご自身がしっかりとした感染予防の対応をとることが、ペットを感染から守ることにつながると考えられます。

今日は犬や猫に必要な「ウイルス感染防止方法」をお伝えしていきましょう。

1)お散歩や外に出た時には身体を拭きましょう

ペットの場合には、「ノンアルコール」の除菌シートや除菌剤を使ってください。エタノールを使う事は「毒」なので絶対にやめてください。死んでしまう事もあります。

特に、犬のお散歩や猫ちゃんが外にうっかり出てしまった(猫は絶対に家で飼育してください)場合には、必ず手足をお湯で洗ってから、身体をノンアルコールの除菌シートで拭いてあげてください。これだけでも違います。

2)歯をきれいにしよう

ヒトも口腔内をきれいにしていると「ウイルス」が入りにくいという研究結果が出ているそうです。動物も口腔内を綺麗に保つことは「ウイルス感染防止」につながる可能性が考えられます。

歯ブラシが嫌な子は歯磨きシートだけでも違うと思います。ただし、きちんとしたエビデンスは取れていません。あくまでも可能性です。

まとめ
ヒトと同じで「ウイルス」を犬や猫たちにも持ち込まないという事が大切です。一番は飼い主さんが感染しない事だと思います。これから寒くなり免疫が低下し「ウイルス」の感染率が高くなってきます。気つけましょう。

image by:Shutterstock.com

MAG2 NEWS

『佐藤貴紀のわんにゃんアドバイス』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加