苦しんだマドリー、“3度目の正直”で難敵オサスナに勝利!ブラジル代表コンビがゴールを奪取

苦しんだマドリー、“3度目の正直”で難敵オサスナに勝利!ブラジル代表コンビがゴールを奪取

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/05/02
No image

ミリトン(左から2人目)のゴールでマドリーが均衡を破った。(C)Getty Images

現地時間5月1日に開催されたラ・リーガ第34節で、レアル・マドリーが、難敵オサスナをホームに迎えた。

前節終了時点で首位アトレティコ・マドリーと2ポイント差で2位のマドリーは、序盤から攻め込むものの、なかなかゴールが奪えない。25分にはマルセロのクロスにアザールが右足で合わせるも、至近距離からのシュートはGKセルヒオ・エレーラのファインセーブで防がれる。

その直後にも、セットプレーから立て続けにミリトンが際どいヘディングシュートを放つが、これも敵守護神の好セーブに阻まれる。

二度のチャンスを決められなかったブラジル代表DFがついにゴールをこじ開けたのは、後半に入って76分だった。イスコのCKに技ありのヘッドで合わせて、均衡を破る。

【動画】CL決勝進出を懸けた激闘!マドリー対チェルシーのハイライトはこちら
さらに、その4分後にも、ベンゼマがドリブルで持ち込み、ゴール前へ走り込んできたカゼミーロへスルーパス。これがブラジル代表MFの足に当たって、そのままゴールに吸い込まれ、幸運な追加点となる。

試合は、このままホームチームが2-0で勝利。直前のゲームでエルチェを下したアトレティコを追走し、現地5日に行なわれるチャンピオンズ・リーグのチェルシー戦に弾みをつけた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】ゴールまで数メートル…チアゴ・シウバの妻がキレたヴェルナーの決定機逸シーン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加