NCTユウタ 京都で“行きつけの店”を紹介するもまさかの一言、ショウタロウのメンバー愛も飛び出す

NCTユウタ 京都で“行きつけの店”を紹介するもまさかの一言、ショウタロウのメンバー愛も飛び出す

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2022/09/23

NCTユウタショウタロウの2泊3日のドライブ旅に密着した「"SHOW YOU" Our Journey 〜NCT ユウタとショウタロウの 2 人旅〜」の第8話が、9月23日(金)よりdTVで独占配信された。

第7話では舟の上で朝食のすき焼きを食べたり、着物で人力車に乗ったりソフトクリームを食べたりと京都を存分に楽しんだユウタとショウタロウ。そんな2人の姿が公開されると、SNS上では「二人の着物姿が本当に似合っている」「何度観ても面白い」「ショウユ旅に食リポの時間があって本当に良かった」という声が相次いだ。

No image

【写真】この記事の写真をもっと見る(全4枚)

第8話は第7話に引き続き京都での食べ歩きからスタート。まずはドリンクで嵐山に乾杯。ショウタロウからの「次しょっぱいの行きたくないですか?」という提案で塩系の食べ物を探す方向に。歩いている途中、ユウタ行きつけの京都の店がCoco 壱番屋だということが判明。まさかの行きつけの店に「韓国にもある!」と突っ込むショウタロウ。実は行きつけがない…というユウタは「ショウタロウと見つけていけたら…」と打ち明ける。

お腹が空いてきた2人はコロッケ屋に立ち寄る。オススメの京都牛コロッケとカレーコロッケを一つずつ注文してみることに。カレーコロッケを食べたショウタロウからは「カレーパンみたい」という感想が飛び出す。京都牛コロッケを口にしたユウタはというと、「めっちゃ美味しい」を繰り返す。この2人特有の食リポにも注目だ。

次に向かう場所が自然の中にある癒しの空間だと聞き、ユウタは真っ先に温泉だと予想。現地に到着するとその予想は確信へ。見えてきた建物も旅館のようで、2人の温泉への期待が高まる。訪ねてみると、そこは1200年以上前から人々を魅了する景色が堪能できる施設だった。

予想が外れた2人は京都嵐山の癒し空間を楽しむ方向へ仕切り直し。通された部屋からは絶景を堪能でき、机のガラスに映り込む新緑を撮影することができる。新緑を眺めながら2人は俳句を詠み始めた。ユウタはショウタロウの俳句を聞いて「そんなこと思ってたん?」と突っ込みを入れつつ、自分でも一句詠み上げる。ファンについて触れたユウタの句に、ショウタロウも納得の様子。新緑を前に誕生した2人の俳人姿をご覧いただきたい。

絶景を堪能した後は、染色体験へ。まず2人は3つずつ好きな色を選んでいく。ユウタはピンク・黄色・緑、ショウタロウはグレー・紫・黄色を挙げる。そこに先生が締め色を追加して染め色が決定。お手本をもとに、はじめにユウタが染色に初挑戦。「楽しいです」と感想を述べつつ、刷毛を動かしているときは真剣そのもの。ショウタロウはなかなか大胆に刷毛で色を入れ始めた。個性や癖が素直に現れる染色体験、果たして2人のセンスはどうなのか…?

No image

2人の素顔に迫る“逃げられない一問一答”。ユウタからの「透明人間になったら?」という質問では、ショウタロウのメンバーラブな一面が垣間見られた。またショウタロウからの「メンバーの中でこの人の才能あったらいいなってのある?」という問いに「昔はあったけど今はない」と答えるユウタ。今のマインドについて語る姿は必見だ。

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加