腕が長いと怪我をしやすい? 肘の負担と腕の長さにみられる“関係性”とは

腕が長いと怪我をしやすい? 肘の負担と腕の長さにみられる“関係性”とは

  • フルカウント
  • 更新日:2022/09/23
No image

肘の負担と腕の長さにみられる“関係性”とは(写真はイメージ)【写真:荒川祐史】

身長や腕の長さが肘関節に与える影響は?

肘内側側副靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)の権威である慶友整形外科病院スポーツ医学センター長の古島弘三医師は、野球がうまくなる“近道”は「怪我をしないこと」だと語ります。練習での投球数を入力することで肩や肘の故障リスクが自動的に算出されるアプリ「スポメド」を監修するなど、育成年代の障害予防に力を注ぎ続けてきました。

では、成長期の選手たちが故障をせず、さらに球速や飛距離を上げていくために重要なのは、いったいどのようなことなのでしょうか。古島医師は休養の重要性を訴える一方で、体を鍛えたり、柔軟性を高めたりすることも必要だと話します。この連載では、慶友整形外科病院リハビリテーション科の理学療法士たちが、実際の研究に基づいたデータも交えながら、ケガをしない体作りのコツを紹介していきます。今回の担当は齊藤匠さんと貝沼雄太さん。テーマは「肘の負担と腕の長さについて」です。

◇◇◇◇◇◇◇

これまでの連載で、怪我をしないための体作りやストレッチの方法を紹介してきました。しかし、身長や腕の長さなど“変えることができない要素”がどう投球に影響するかは、あまり知られていません。身長や腕の長さが、肘関節に与える影響はあるのでしょうか。

肘関節の怪我は、オーバーユース(使い過ぎ)によるものが73.9%と最も多くなっています。その中でも投手の肘関節の怪我の危険因子は、変更可能なものと変更不能なものに分類できます。変更可能な危険因子には、年間を通しての投球数や投手と捕手の兼任、球速が速いことなどがあり、変更不能な危険因子には身長や手足の長さなどが含まれます。

過去の研究では、腕が長いと肘関節にかかる負担は減少すると報告されています(※1)。一方最新の研究では、上腕(肩から肘まで)が長いと、投球時に肘関節にかかる負担が増加するという異なる報告がなされています(※2)。また、上腕の長さに対する前腕(肘から手まで)の長さも肘関節への負担と関係しており、前腕が長いと投球時の肘関節への負担が大きくなっていたとしています。

腕の長さを測ってみよう

紹介した研究では、対象となった投手の平均年齢は15.8歳で、前腕の長さを上腕の長さで割ると平均89%でした。では、あなたの腕はどうなのでしょうか。実際に測ってみましょう。

1の場所は肩の外側の出ている骨(肩峰といいます)が目印です
2の場所は肘の中心の高さから上側にある骨(上腕骨外側上顆といいます)が目印です
3の場所は手首と手のひらの境の親指側にある骨(橈骨茎状突起といいます)が目印です
上腕の長さとは1から2まで、前腕の長さとは2から3までです

ケガを予防するためにできることは、ストレッチなど多くありますが、体格や今回紹介した腕の長さは生まれ持ったものであり、成長のスピードの違いによるものです。成長期の子供たちがケガをしないために、選手個人に合った指導や投球量を考慮するとよいかもしれません。

◯参考文献
※1 Okoroha KR et al. Predictors of Elbow Torque Among Youth and Adolescent Baseball Pitchers. Am J Sports Med. 2018 Jul;46(9):2148-2153.
※2 Downs JL, et al. Increased Upper Arm Length and Loading Rate Identified as Potential Risk Factors for Injury in Youth Baseball Pitchers. Am J Sports Med. 2021 Sep;49(11):3088-3093.(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加