米津玄師「生半可なものは作れないと思った」『シン・ウルトラマン』主題歌を映画館で鑑賞した斎藤工が絶賛

米津玄師「生半可なものは作れないと思った」『シン・ウルトラマン』主題歌を映画館で鑑賞した斎藤工が絶賛

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2022/05/13
No image

映画『シン・ウルトラマン』初日舞台挨拶が13日、都内にて行われ、主演の斎藤工、共演の長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴、早見あかりと樋口真嗣監督が登壇。登壇者たちが厳重なネタバレ禁止に四苦八苦しながら映画をアピールした。

主演・斎藤は「今朝8時の回にチケットを取って行ったのですが、今日の天気と交通事情の折り合いがつかなくて…」と、予定時刻を過ぎたため受付で発券してもらったことを明かし「受付で名前と個人情報の点呼がありまして。“斎藤工さん、『シン・ウルトラマン』8時の回ですね、どうぞ”と…。申し訳ない気持ちで」と、まさに“いち観客”として主演映画の上映を見ることが出来たと明かし、観客の笑いをさそった。

映画化発表から約3年を経て迎えた初日。“ネタバレ禁止”事項が多かったとのことで、長澤は「自分の口からこの映画の良さを伝えたいのですが、ぜひ映画館で自分の目で確かめていただければ」。西島はネタバレをしないように見どころを伝えようとしたが「アレがああなって、コレがこうなって…」と、具体的なことが一切言えず苦笑しきり。

No image

この日は、主題歌を担当した米津玄師からのコメントも到着。米津は「まさか自分が主題歌を担当させてもらえるとは夢にも思わず青天の霹靂でした。生半可なものは作れないという意識がありましたが、ウルトラマンの姿を見ながら影響を受ける部分が多分にあり、自分自身も成長させてもらったと思います。製作陣皆さんの熱量が痛いほど伝わってくる作品でした」と絶賛のコメントを寄せた。

斎藤も「ウルトラマン独自のものを音楽で表現していただいた。今朝(主題歌が流れた瞬間)会場の空気感がぐっと変わる高まりを感じました」と実際に映画館でエンディングの主題歌を聞いた感慨を語った。米津に熱烈オファーをした樋口監督も「映画を見た人が、この物語を現実の世界に持っていくための素晴らしいパーツとなる曲を作っていただいた」と感謝しつつ、あやうくネタバレをしそうになり、登壇者が焦る一幕もあった。

「思えば庵野から“ウルトラマンやるんだけど撮って”と言われて4年」と振り返った樋口監督。「大ヒットするとまた呼び出しがあるので、ぜひ2度、3度と見ていただければ」と、さらなる盛り上がりに期待を寄せていた。

昭和41年(1966年)の放送開始以来、国内外で愛されてきた名作キャラクター“ウルトラマン”を、55周年記念作品として映画化。企画・脚本を庵野秀明が務める。

映画『シン・ウルトラマン』は公開中。

No image

秋吉布由子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加