来週の電力、安定供給確保 12月から節電要請期間―経産省

  • 時事通信社
  • 更新日:2022/11/25

経済産業省は25日、12月2日までの電力需給見通しを公表した。電力供給の余力を示す予備率は、最も低い11月29日の東京、東北、中部など8電力管内でも16.6%と、安定供給に最低限必要な3%を大きく上回る見込み。

政府は12月1日から来年3月31日まで「無理のない範囲での節電」を要請しており、今後は今夏と同じように、1週間ごとに電力需給見通しを公表する。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加