二宮和也、ラジオ番組の“公開収録”は「死んだほうがマシ」と断固拒否! 「死にたくなりません?」と語るワケ

二宮和也、ラジオ番組の“公開収録”は「死んだほうがマシ」と断固拒否! 「死にたくなりません?」と語るワケ

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2021/01/12
No image

二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm)が1月10日に放送された。この日は、ラジオ番組の公開収録をめぐり、二宮は断固拒否を宣言。

きっかけとなったのは、リスナーから寄せられた「アイドルの二宮和也、バラエティの二宮和也、俳優・二宮和也、みんな大好きです」というメール。これに反応したのは番組スタッフで、「ベイストは入ってないんですね」とポツリ。二宮は「バラエティなんですかね、この場合」とフォローしつつ、「bayfmって、なにしてるんですか?」とスタッフをイジって悪ノリに。スタッフによると、コロナ禍以前は公開収録やライブなど、イベントを多く行っていたそうで、二宮は「公開収録ね!」と反応。

「我々の時代、結構行ってたんだよね」と思いを馳せていたが、『BAY STORM』の公開収録については、「こんなの見られたら、死んだほうがマシですよ」とバッサリ。スタッフも「これを人様にお見せするのは、ね」と苦笑いしており、二宮は「信じられないもん。この現状を今、見てて。これで、あのガラスの壁のところに人がいて見られたらと思うと、死にたくなりません!?」と断固拒否の姿勢を示していた。

とはいえ、かつてよく行われていた公開収録について、「手とか振って、『きゃー』ってなってる声が聞こえて、『すごいファンの人たちがたくさんいますね』とかっていうのが、あったりしたじゃないですか」と振り返りながら、「真ん中にブースがあってさ、その周りに(お客さんが)入って、なんならラジオ版のバラエティ収録みたいな感じとかあるじゃないですか」と、若干の憧れはある様子。

しかし、「だって、ケーブル4本くらいしかないんですよ。そんなラジオ見せられない」としょんぼりし、「そもそも会議室なんですもん、我々」と嘆いていた。

この日の放送にリスナーからは「公開収録が無理なら、収録してる様子をYouTubeとかに流してほしい!」「会議室のラジオ収録はレアだから、むしろ公開収録に行きたい!」「オンライン公開収録とかしてほしい」といった、何らかの形での公開収録を望む声が多く寄せられていたのだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加