【J1採点&寸評】横浜1-0C大阪|MOMは決勝点のオナイウではなく...。敗れたC大阪も守備陣には高評価を

【J1採点&寸評】横浜1-0C大阪|MOMは決勝点のオナイウではなく...。敗れたC大阪も守備陣には高評価を

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/04/07
No image

右サイドハーフで先発した西川。素早いプレスに遭い、決定機を作り出すことはできなかった。写真:徳原隆元

No image

【警告】横浜=仲川(45分)、高野(54分) C大阪=松田陸(35分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】チアゴ・マルチンス(横浜)

No image

途中出場のオナイウ(写真中央)がCKから決勝点を奪った。写真:徳原隆元

No image

【警告】横浜=仲川(45分)、高野(54分) C大阪=松田陸(35分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】チアゴ・マルチンス(横浜)

[J1リーグ8節]横浜1-0C大阪/4月6日(火)/日産スタジアム

【チーム採点・寸評】
横浜 6
ゴール前のアイデア不足とC大阪の粘り強い守備で苦戦。それでもCKからの得点でなんとか勝点3を獲得した。

【横浜|採点・寸評】
GK
1 高丘陽平 6
プレッシャーを受けるとキックがやや不安定に。それでも、61分の直接FKを見事にセーブするなど、及第点は与えられる出来だろう。

DF
4 畠中槙之輔 6
空中戦の強さは抜群で、ロングボールに対して競り負ける場面はほとんどなし。相手を脅かす積極的なミドルシュートも。

MAN OF THE MATCH
13 チアゴ・マルチンス 6.5
持ち前のスピードと身体の強さで相手FWに起点を作らせず。連続した攻撃が可能だったのは、このCBの存在が大きい。

16 高野 遼 5.5
前半終了間際に、果敢な攻め上がりから好クロス。ただ、対峙した西川や松田陸を相手に後手に回るシーンは少なくなかった。

27 松原 健 6
チームとして押し込む時間が長かっただけに、高い位置取りで積極的に攻撃参加。正確なパスでボール回しを円滑にした。
MF
6 扇原貴宏 6.5
ピッチのいたるところに顔を出してセカンドボールを回収。散らすパスも正確で、チームに欠かせない存在だと証明した。

8 喜田拓也 6 (78分OUT)
豊富な運動量を生かして広範囲をカバー。CBと協力して相手FWを挟み込み、C大阪の攻撃を分断した。

14 天野 純 5.5 (67分OUT)
最終ラインと前線をつなげる存在でボールは収まった。ただ、ゴール前でのアイデアは不足していて、目立った活躍はなかった。
FW
7 エウベル 5.5
同サイドの高野との連係は発展途上の印象。独力で局面を打開するような力強さもなかった。

23 仲川輝人 5.5 (78分OUT)
スペースが少なく不完全燃焼に終わる。裏へ抜け出す動きをしても、なかなか良いボールが出てこず。ドリブルもキレを欠いた。

38 前田大然 5.5
スピードを生かしたチェイスでチームに勢いを与えた一方、期待された得点はなし。ポストプレーもやや不安定だった。
交代出場
FW
45 オナイウ阿道 6.5 (67分IN)
CKのこぼれ球を押し込んで先制点をゲット。スペースが限られていたものの、ストライカーの嗅覚を発揮した。

MF
18 水沼宏太 - (78分IN)
出場時間は短いながらCKのキッカーとしてゴールを演出。古巣相手にしっかりと結果を残した。

DF
24 岩田智輝 - (78分IN)
サイドへのロングスルーパスはわずかに味方に合わず。中盤の守備強度を高め、完封勝利に貢献した。

監督
アンジェ・ポステコグルー 6.5
水沼のCKからオナイウが決勝点を決めたように交代選手が持ち味を発揮。苦しみながらも勝点3をもたらした。
【チーム採点|寸評】
C大阪 5.5
新型コロナウイルスの影響でクルピ監督に加え、数人の選手が欠場。統率の取れたディフェンスで粘ったものの、一瞬の隙を突かれて勝点を失った。

【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 6
横浜の素早いプレスにはめられる前にロングボールで回避。失点シーンは至近距離からのシュートでノーチャンス。

DF
2 松田 陸 6
オーバーラップの回数は少ないながら守備で奮闘。ポジションの近い進藤や西川との連係は攻守両面で良好だった。

3 進藤亮佑 6.5
C大阪ではリーグ戦初先発。コンビを組んだ西尾とともに身体を張り、流れの中から得点を許さなかった。

16 新井直人 6 (89分OUT)
対人に強く、一か八かの縦パスより堅実なパスを選択。攻撃に厚みを加えられれば、さらなる高評価に。

33 西尾隆矢 6.5
最適なポジショニングを取り続けて攻撃を弾けば、味方のミスも涼しい顔でカバー。チームが引き分けていればMOMに推したかった。
MF
5 藤田直之 6
CBが前に出れば最終ラインに、SBが抜かれればサイドへカバー。地味ながらも気の利いた働きを続けた。

10 清武弘嗣 6
ハーフウェイライン付近からシュートを狙えば、精密なスルーパスでチャンスを演出。柔軟な発想や確かなテクニックで変化をもたらした。

18 西川 潤 5.5 (71分OUT)
左足の技術やスピードは時折見せたが、サポートに恵まれず。キッカーを務めたセットプレーも得点につなげられなかった。

25 奥埜博亮 6
派手さはないものの、的確なポジショニングで強固な守備組織の構築に貢献。欲を言えば攻撃にももう少し加わりたかった。
FW
22 松田 力 5 (55分OUT)
ボールを持たれる展開が続いたため、終始守備に追われた印象。前線で起点になることもできなかった。

32 豊川雄太 5.5 (71分OUT)
ゴールネットを揺らした10分のシュートはオフサイド。前線からの守備で奮闘も、ゲームのほとんどをそのチェイシングに費やした。
交代出場
FW
28 中島元彦 5.5 (55分IN)
ゴリゴリと運ぶ力強いドリブルでサイドを打開。高めたいのはクロスやシュートの正確性だ。

FW
29 加藤陸次樹 5 (71分IN)
シュートまで持ち込むシーンはあったが、フィニッシュの精度は改善の余地があるだろう。

FW
34 山田寛人 5 (71分IN)
空中戦に強さを見せた一方、オフザボールの動き出しが味方と合わず。連係にはまだ不満が残る。

DF
26 小池裕太 - (89分IN)
終了間際に投入されるも、ほとんどプレーに関与することなくタイムアップのホイッスルを聴いた。

コーチ
小菊昭雄 5.5
クルピ監督が新型コロナの濃厚接触疑いのため、代わりに指揮。投入した選手がいくつかはチャンスを作ったとはいえ、勝点をもたらすことはできなかった。

取材・文:古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加