止まらない“辞任ドミノ” 野党の「照準」は秋葉復興大臣 選挙運動員“買収疑惑”

止まらない“辞任ドミノ” 野党の「照準」は秋葉復興大臣 選挙運動員“買収疑惑”

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/11/26
No image

動画を見る(元記事へ)

岸田政権で、閣僚の辞任ドミノが続くなか、25日も衆議院の予算委員会で激しい論戦が続いています。野党がターゲットにしているのが選挙運動員の買収疑惑などが報じられている秋葉復興大臣です。

果たして、この辞任ドミノは止まるのでしょうか。

秋葉賢也復興大臣:「記者会見や国会を通じて丁寧に真摯に説明してまいりたい」

新たに疑惑を抱えるのは、秋葉賢也復興大臣です。

「フライデー」デジタルが、去年秋の衆院選で公設秘書ら2人に報酬を支払って選挙運動をさせていた、公職選挙法違反の疑いがあると報じています。

秋葉賢也復興大臣:「事実誤認に基づく報道だったと認識しております。私どもは、公職選挙法にのっとって、報酬を支払うことのできる車上運動員として、法令で認められた報酬を支払ったもの」

公設秘書ら2人は、支援の呼び掛けなど、一般の運動員としても活動しましたが、秋葉大臣は報酬は車上運動員として活動した分のみだと説明しました。

立憲民主党・大西健介衆院議員:「車上運動員として働いたのだったら、どの日に何日乗ったかという内訳があるはず」

秋葉賢也復興大臣:「いつ何をしたかについての報告義務はございません」

立憲民主党・大西健介衆院議員:「車上運動員としてやっていた日と選挙運動をしていた日とちゃんと区別をしていたというのだったら、区別が付けられているのか出してもらわないと」

秋葉賢也復興大臣:「これは先ほどから丁寧にお答えしていますが、法律上の義務にはなっていません」

立憲民主党・大西健介衆院議員:「法律上の義務なんて聞いていませんよ。説明責任です」

秋葉賢也復興大臣:「いや、法律の義務で出す必要のないものを出すことにはならないと思っています」

立憲民主党・大西健介衆院議員:「ちなみに岸田総理は選挙の時自分の秘書が街宣車に乗ってウグイスやカラスをやる場合に車上運動員として届け出して報酬を上乗せで払うことをやっていますか」

岸田文雄総理大臣:「少なくとも私の記憶する限り、自分の秘書を車上運動員として使ったことは今まで一度もなかったと思う」

別の疑念も生じています。

立憲民主党・大西健介衆院議員:「昨年の衆院選の期間中に『秋葉けんや』と書かれたタスキを掛けた男性が辻立ちをしている写真があります。『秋葉けんや』というタスキを掛けている男性は、秋葉大臣よりも若くて大臣ではないように見えます。提供者によれば、タスキの上のところに小さく次男と書かれているそうです。地元ではこうした影武者が選挙のたび、選挙期間中何度も色んなところで目にするそうなんです」

秋葉賢也復興大臣:「まず先ほど写真の掲示がありました。理事会では、掲示しないと報告を受けているところでありまして、一民間人の写っている写真ですので申し上げました。私の次男が親でもある私の選挙を心配して、会社の有給休暇を取り、3日間、選挙の応援のために勤務先の東京から仙台まで駆け付けてくれたのですが、指摘を受けてすぐタスキを外したと聞いています」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加