えなりかずき 8年ぶりブログ更新 大恩人・橋田さん死去に「行動力を見習う」

えなりかずき 8年ぶりブログ更新 大恩人・橋田さん死去に「行動力を見習う」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/07
No image

橋田賞で橋田壽賀子さん(右)から表彰されるえなりかずき=2005年4月

脚本家・橋田壽賀子さんの死去が5日に明らかになったことを受け、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズに出演した俳優・えなりかずき(36)が6日未明、自身のブログで橋田さんを追悼した。

えなりは自身の公式ブログ「えなリズム」を、13年7月7日以来約8年ぶりに更新。「突然の訃報」のタイトルで、橋田さんへの思いをつづった。

冒頭で「橋田先生のニュースを知って、本当に驚いております。橋田先生といえば、週に何日もジムに通い、元気に世界を飛び回っているイメージでした。それゆえ、このニュースが全く信じられず、とてもとても悲しいです」とショックの大きさに言及。約15年前に旅番組で共演して長崎県を訪れたことに触れ「先生が生きてこられた時代の厳しさ、それに打ち勝つ強さ、目標に向かう努力の大切さを聞かせていただきました」と振り返った。

「渡鬼」では、岡倉家五人姉妹の泉ピン子演じる次女・五月の長男・小島眞役として5歳から約30年にわたって出演。「橋田先生が『小島眞』というキャラクターを生み出してくださったからこそ、わたくしは今もテレビの世界でお仕事をさせていただいております」と大恩人に感謝した。

「きっと橋田先生は天国でも元気に歩き回って旅をして、創作活動をなさっているんじゃないかと想像しております」と思いをはせたえなり。最後は「橋田先生のパワフルな行動力を見習って、日々頑張ります」と誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加