「花火玉」落下で久留米高専の弓道場全焼 警察・消防が実況見分 福岡県久留米市

「花火玉」落下で久留米高専の弓道場全焼 警察・消防が実況見分 福岡県久留米市

  • テレビ西日本
  • 更新日:2022/08/06
No image

テレビ西日本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

福岡県久留米市の花火大会会場近くで、花火玉が学校の弓道場に落下して全焼した火事から一夜明け、警察と消防が実況見分を行いました。

警察と消防によりますと、5日午後8時10分ごろ、久留米工業高等専門学校の弓道場が爆発、ドアや窓などが吹き飛んで約150平方メートルを全焼し、約15分後に消し止められました。

けが人はいませんでした。

近くでは「筑後川花火大会」が3年ぶりに開催されていました。

TNCのカメラは、次々と打ち上がる大会フィナーレの花火の中で、打ち上げに失敗したのか、火の玉がひとつだけ別の方向へ飛んで行く様子を捉えていました。

◆リポーター

「花火を打ち上げる河川敷のすぐ横の学校の弓道場に、花火玉とみられるものが落下しました。爆発の衝撃でしょうか、壁が剥がれ落ち、屋根には穴が空いています」

火災から一夜が明け、現場では、警察と消防による実況見分が行われました。

◆現場近くにいた人

「すごい爆発みたいじゃないけども、すごいなということで、みんな、わ~と帰り出した。せっかくの久々の花火だったのに」

警察と消防は、花火玉が落下して爆発したとみて調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加