ヤクルト・高津監督、11失点投手陣に「攻める気持ちを」阪神戦51年ぶり6戦全敗

ヤクルト・高津監督、11失点投手陣に「攻める気持ちを」阪神戦51年ぶり6戦全敗

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/06
No image

6回、阪神・近本光司の打球をキャッチし、その場に座り込むヤクルト・田口麗斗=神宮(撮影・飯室逸平)

「ヤクルト5-11阪神」(4日、神宮球場)

ヤクルトが阪神戦まさかの6連敗。開幕から6戦全敗となると、1970年以来の51年ぶりの不名誉な記録となった。

最後は首位・阪神に力の差を見せつけられた。先発の西勇を攻め、5回6安打4失点でマウンドから引きずり下ろしたが、後続の投手陣を打ち崩すことができず。

一方の田口も六回に2点のリードを守れず、リリーフ勝負となるとヤクルト投手尽が打ち込まれた。ここまで16試合無失点と好投を続けてきた近藤が決勝弾となるソロを浴びると、坂本が2失点、杉山が4失点と止められなかった。

試合後の高津監督は、この日4被弾を浴びるなど15被安打11失点を喫した投手陣について、「逃げ回っているのですぐにつかまってしまう。もっと攻める気持ちを持っていい」と奮起を促した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加