紅白初出場で注目度急上昇中!宮脇咲良を擁するLE SSERAFIM、来年1月に日本正式デビュー決定

紅白初出場で注目度急上昇中!宮脇咲良を擁するLE SSERAFIM、来年1月に日本正式デビュー決定

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2022/11/25

新人とは思えない活躍を見せている5人組ガールズグループ「LE SSERAFIM(ル セラフィム)」が、日本で正式デビューする。

【写真】宮脇咲良「この時の自分が一番カワイイ」

11月25日、LE SSERAFIM(キム・チェウォン、宮脇咲良、ホ・ユンジン、カズハ、ホン・ウンチェ)は公式SNSを通じて、日本デビューシングル『FEARLESS』を来る2023年1月25日に発表することを知らせた。

LE SSERAFIMは白い背景に「LE SSERAFIM」「FEARLESS」「2023.01.25 RELEASE」と書かれたティーザーロゴを掲載し、注目を集めた。世の中の視線に動揺せず、恐れず前に進むという自己確信と強い意志を盛り込んだティーザーロゴは、日本デビューに向けた期待感を増幅させた。

日本語バージョン2曲と新曲も!

日本デビューシングルには、今年5月に韓国で発売した1stミニアルバムのタイトル曲『FEARLESS』と収録曲『Blue Flame』の日本語バージョンと、初めて公開される新曲の計3曲が収録される。

No image

(画像提供=SOURCE MUSIC)

『FEARLESS』は音源とミュージックビデオの再生回数などで、目立った成果を残した曲だ。同曲は米ビルボードチャートに19週連続で名を連ね、ミュージックビデオは公開100日で再生回数1億回を突破し、今年デビューしたK-POPアイドルのなかで最高の成績を残した。『FEARLESS』の日本語バージョンが原曲の勢いを引き継ぐのか、注目される。

LE SSERAFIMは日本正式デビュー前から、熱い現地人気を誇っている。1stミニアルバム『FEARLESS』と2ndミニアルバム『ANTIFRAGILE』は、いずれもオリコン週間合算アルバムチャートで1位を記録した。最近は、日本を代表する年末番組『NHK紅白歌合戦』に初出場することが決まり、影響力の大きさを実感させた。

なおLE SSERAFIMは11月22日(現地時間)、2ndミニアルバム『ANTIFRAGILE』で米ビルボードチャートに5週連続でチャートインした。また11月23日には、『FEARLESS』と『ANTIFRAGILE』に収録された計10曲のSpotifyでの累計再生回数が3億回を突破し、デビューから半年で“グローバルK-POPスター”に浮上した。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加