カプコンの大規模リークにより「ストリートファイター6」や「ドラゴンズドグマ2」などが開発中であることが明らかに

カプコンの大規模リークにより「ストリートファイター6」や「ドラゴンズドグマ2」などが開発中であることが明らかに

  • GIGAZINE
  • 更新日:2020/11/20
No image

bytangi bertin

カプコンがRagnar Lockerを名乗るハッキング集団による不正アクセス攻撃を受け、社内の機密データを盗まれました。盗み出されたデータの中から、今後4年間でカプコンがリリースする予定のゲームタイトルのリストが流出しており、「ストリートファイター 6」や「ドラゴンズドグマ 2」が登場する可能性が挙がっています。

Massive Capcom Leaks Reveal Dragon's Dogma 2, Street Fighter 6, and Potentially More - IGN

https://www.ign.com/articles/capcom-leak-dragons-dogma-2-street-fighter-6

2020年11月16日、カプコンが第三者から不正アクセス攻撃を受けたことを発表しました。この不正アクセスにより、最大35万件の個人情報が漏洩した可能性が明らかになっています。不正アクセス攻撃の詳細については以下の記事を読めばわかります。

No image

カプコンが不正アクセス攻撃を受け最大35万件の個人情報が漏洩した可能性、今後発表予定のゲームタイトルに関する情報なども漏洩か - GIGAZINE

この不正アクセス攻撃によりリークされた情報の中には、カプコンが開発中のゲームに関するスクリーンショットが含まれており、ここには今後4年間のカプコンのゲーム開発スケジュールが含まれていました。ゲームメディアのIGNがカプコンに近い情報筋から得た情報によると、このスクリーンショットに含まれる「ドラゴンズドグマ 2」や「ストリートファイター 6」といった未発表のタイトルは、実際に開発中のものであるとのことです。

スクリーンショットに含まれるゲームタイトルには、新規タイトルや続編タイトル、リメイク作品などさまざまなものが含まれており、その多くは開発中のコードネームのみが記されているとのこと。リストのうち、どのタイトルの続編かがわかるものを並べたのが以下で、日付は発売予定時期です。

・バイオハザード アウトブレイク:2021年度第4四半期

・ドラゴンズドグマ2:2021年度第2四半期

・ストリートファイター 6:2022年度第3四半期

・ロックマン マッチ:2022年度第3四半期

・バイオハザード4 リメイク:2022年度第4四半期

・モンスターハンター6:2023年度第2四半期

・バイオハザードアポカリプス:2023年度第3四半期

・スーパーストリートファイター 6:2023年度第4四半期

・ファイナルファイト リメイク:2024年度第2四半期

・パワーストーン リメイク:2024年度第3四半期

・ウルトラストリートファイター 6:2024年度第4四半期

・バイオハザード ハンク:2024年度第4四半期

なお、情報筋はリークされた開発中のゲームリストのうち「ドラゴンズドグマ 2」や「ストリートファイター 6」は開発中であるものの、いくつかは「古くなった可能性がある」と話しているそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加