中国の「普洱景邁山古茶林文化景観」、世界文化遺産に登録決定

中国の「普洱景邁山古茶林文化景観」、世界文化遺産に登録決定

  • Record China
  • 更新日:2023/09/19
No image

中国の「普洱景邁山古茶林文化景観」、世界文化遺産に登録決定

サウジアラビアの首都リヤドで開催された第45回世界遺産委員会拡大会合は北京時間17日、中国が申請した「普洱(プーアル)景邁山古茶林文化景観」を世界文化遺産リストに登録することを決定しました。同リストに初めて茶文化景観が現れることになりました。

景邁山の古茶樹(チャノキ)林は雲南省南部、プーアル市の瀾滄ラフ族自治県にあり、県内のチャノキ栽培は10〜14世紀にブーラン族とタイ族の先人によって始まりました。

古茶林文化景観地内にはブーラン族とタイ族の村落が九つあり、古茶樹林の面積は1180ヘクタールに達し、古茶樹の本数は120万本を超えています。(提供/CRI)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加