男子1万メートルは伊藤達彦がV 五輪代表入り 女子は広中璃梨佳&安藤友香が決定

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

◇陸上 日本選手権1万メートル(2021年5月3日 静岡県袋井市・静岡スタジアム)

男子1万メートルはすでに五輪参加標準記録(27分28秒00)を突破している伊藤達彦(ホンダ)が27分33秒38で優勝。日本選手権3位以内の条件を満たして代表入りを決めた。

伊藤は終盤まで先頭集団で落ち着いたレースを展開。残り1周の手前でスパートを仕掛けると、後続を一気に置き去りにした。

2位は田沢廉(駒大)が27分39秒21、3位は鈴木芽吹(駒大)27分41秒68だった。

女子1万メートルは20歳の広中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分11秒72で優勝し、東京五輪参加標準記録(31分25秒00)を突破。2位の安藤友香(27=ワコール)も31分18秒18で標準記録を突破して東京五輪代表を決めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加