【東京7R】キタサンブラック産駒 インディゴブラックが2勝目

【東京7R】キタサンブラック産駒 インディゴブラックが2勝目

  • 競馬のおはなし
  • 更新日:2022/05/14
No image

14日、東京競馬場で行われた7R・3歳1勝クラス(ダ2100m)で1番人気、横山武史騎乗、インディゴブラック(牡3・栗東・奥村豊)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にトーセンクライスト(牡3・美浦・宗像義忠)、3着にニューダイアリーズ(牡3・栗東・杉山晴紀)が入った。勝ちタイムは2:08.4(不良)。

2番人気で荻野極騎乗、バハルダール(牡3・栗東・池江泰寿)は、8着敗退。

【都大路S】シフルマンがオープン初勝利

人気に応える

1番人気に支持された横山武史騎乗、インディゴブラックが2勝目をマークした。レースではやや行きたがる素振りを見せながらも2番手でグッと我慢。早め早めの4角先頭で直線をむかえると、ラストまで脚色衰えることなく2馬身半差の完勝だった。

インディゴブラック 6戦2勝
(牡3・栗東・奥村豊)
父:キタサンブラック
母:カーニバルダクス
母父:Bernardini
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

競馬のおはなし

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加