【「Mank マンク」評論】鬼才フィンチャー長年の企画が、歴史的傑作の功績者をあぶりだす

【「Mank マンク」評論】鬼才フィンチャー長年の企画が、歴史的傑作の功績者をあぶりだす

  • 映画.com
  • 更新日:2020/11/22

「ゴーンガール」(14)以来6年ぶりとなる監督デヴィッド・フィンチャーの新作は、自身のフィルモグラフィ初のオンライン動画サービスを主発信とする長編であり、そして初のモノクロなど特色づくしだ。加えて実在人をベースとする久々の伝記として、1941年の映画「市民ケーン」に対する創造の疑問、すなわち「誰がこの名作を生み出しだのか?」にひとつの回答を提示する。
 本作はそんな歴史的傑作の脚本を手がけた“マン

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加