「もしかして彼女いる?」デートでの違和感...。彼はまさかの”彼女持ち”で失恋確定...!<失恋から立ち直ったきっかけ>

「もしかして彼女いる?」デートでの違和感...。彼はまさかの”彼女持ち”で失恋確定...!<失恋から立ち直ったきっかけ>

  • lamire
  • 更新日:2022/09/23

あなたは辛い失恋を経験したことはありませんか?大好きな人から振られてしまうと、なかなかすぐ立ち直るのは難しいですよね。 では、辛い失恋から立ち直ることができた方は、どのように乗り越えたのでしょうか? 今回は、実際にあった体験エピソードをご紹介します!

心機一転で始めたマッチングアプリ

大学3年生の冬、気になっていた人と一緒に海デートをした後になんだか違和感があり、「もしかして彼女いる?」と聞いてみると、どんぴしゃり…。どうして彼女の存在を隠して二人で出かけたり電話をしてきたりしていたのか、頭の中がぐちゃぐちゃになりとても落ち込みました。数日は沈んでいたのですが、心機一転新しい出会いを求めて思い切ってマッチングアプリを始めることに。その一か月後に、私のことが大好きで優しくてかっこいい素敵な彼氏ができ、完全に立ち直ることができました。ちなみに、その後彼と忌まわしき海デートで行き、思い出も書き換え完了しました!!(女性/学生)

No image

出典:lamire

一歩踏み出すために参加した婚活パーティーで

大学生の時同じバイト先の男の子と付き合うことになりました。私とは対照的にとても社交的で人付き合いが上手な彼のことが人としてもとても好きで、「この人と結婚するんだ!」と思っていました。しかし、将来の夢のために東京に引っ越すことになり遠距離恋愛がスタート。お互いが好きなら大丈夫と思っていましたが、仕事などもありなかなか会えない不安からすぐに別れてしまいました。初めて3年も付き合って、結婚もしたいとまで思った彼だったので、別れてから体調を崩すほど心身共に落ち込みました。しかし、そんな私のことを前から気にしてくれていた別の男の子がご飯に誘ってくれて励ましてくれたことをきっかけに、更に仲良くなり最終的にお付き合いをすることに!お互いを高め合いながら前を向かせてくれた彼に感謝しています。(女性/主婦)

新たな出会いが見つかると、失恋から立ち直りやすいのかもしれません。失恋して悩んでいるという方は、新たな一歩を踏み出せる勇気に繋がれば幸いです。※こちらはクラウドソーシングサイトにて実際にユーザーから募集したエピソードをもとに記事化しています

▶合わせて読みたい

嫌がらせをしてきた友人と片思い中の彼が付き合うことに…。数年後、彼らの”結婚報告”を聞いて…?→「なんで嫉妬してたんだろう?」<失恋から立ち直ったきっかけ>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加