「雪をかぶっていて、動かない」玄関前で倒れていた男性死亡...住人の70代男性と判明、最低気温マイナス13.5°Cの小樽市

「雪をかぶっていて、動かない」玄関前で倒れていた男性死亡...住人の70代男性と判明、最低気温マイナス13.5°Cの小樽市

  • HBCニュース
  • 更新日:2023/01/31
No image

25日午前、北海道小樽市の住宅の玄関前で、倒れている男性が見つかり、その後、死亡が確認されました。

25日午前9時すぎ、小樽市長橋の住宅を訪れたケアマネージャーが「玄関前で人が倒れている。雪をかぶっていて、動かない」と119番に通報しました。
警察と消防によりますと、男性は、すでに意識がない状態で、搬送先の病院で死亡が確認されました。

その後の警察の調べで、亡くなったのは、現場の家の住人の70代の男性とわかりました。
現場には、除雪をしていたような状況もみられるということで、警察は、死因などを調べることにしています。

小樽市の25日午前10時現在、24時間降雪量は5センチですが、最低気温は、この冬一番のマイナス13.5℃の厳しい冷え込みとなっています。

1月25日(水)午前11時05分配信

HBC北海道放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加