草刈正雄、娘の麻有と「ちむどんどん」に出演 「いつもと違う役どころを楽しんでください」

草刈正雄、娘の麻有と「ちむどんどん」に出演 「いつもと違う役どころを楽しんでください」

  • エンタメOVO(オーヴォ)
  • 更新日:2022/09/24
No image

大里五郎役の草刈正雄 (C)NHK

NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。27日放送の第122回に、草刈正雄と草刈麻有の親子が出演することが決定した。

本作は、本土復帰前の沖縄“やんばる地域”で生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)が、困難や挫折に見舞われながらも、3人の兄妹たちと共に支え合いながら大人への階段を上っていく家族の物語。

正雄が演じるのは、戦後、東京へ移住した沖縄出身の老人・大里五郎役。沖縄県人会のつてを頼って、とある事情で“やんばる”へやってくる。麻有は、脚が悪い父の付き添いでやってきた五郎の娘・大里悦子を演じる。

正雄は「久しぶりに仕事をするスタッフさんたちも多く、とても楽しく撮影することができました。いつもと違う役どころを楽しんでください」とコメント。

麻有も「今回初めて出演させていただき、とてもうれしく光栄に思っております。父との久しぶりの共演も緊張しましたが、楽しんでいただけましたらうれしいです」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加