中国国営メディア「断固反対」 菅総理の真榊奉納に

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/10/18

靖国神社の秋の例大祭に合わせて菅総理大臣が真榊(まさかき)を奉納したことに対し、中国の国営メディアは「日本の政治家の間違ったやり方に断固反対する」と批判しました。

中国国営の新華社通信は「菅総理大臣が内閣総理大臣の名義で靖国神社に真榊という供え物を奉納した」と報じました。さらに、日本メディアの報道を引用して「菅総理は官房長官時代には真榊を奉納しておらず、安倍前総理のやり方にならったとみられる」と指摘しました。そのうえで、「靖国神社には第2次世界大戦のA級戦犯が祭られており、中国は日本の政治家の間違ったやり方に断固反対し、侵略の歴史を直視して深く反省することを促す」と批判しました。

コロナ禍で外交再開 菅総理 初外遊で東南アジアへ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加